東海・東南海・南海 巨大連動地震

東海・東南海・南海 巨大連動地震

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本列島、そして環太平洋地域が地震活動期に入った今、いつ次の大災害が発生してもおかしくない。とりわけ、東海・東南海地震は今後数年~数十年のうちに襲来すると考えられており、さらにそれらが連動するケースでは、東日本大震災を凌駕する大惨事になると想定されている。本書は、関東、東海、近畿、四国、九州におよぶ広範な被害対象地域で発生する「最悪の事態」を、客観データをもとにリアルにシミュレーションし、「その日」への備えを喚起するものである。【目次】はじめに/第一章 東海・東南海・南海地震とは/第二章 日本水没の危機/第三章 来たるべき未来に向けて/おわりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2013年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

東海・東南海・南海 巨大連動地震 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月18日

    東南海巨大地震がおきたら、各地でどういうことが起きるのかをデータに基づき、冷静に描写するもの。備えの重要性を改めて思い知らされます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月25日

    読みにくいのが残念。原発には軽く触れてる程度。先人の言葉を大事に、という趣旨で終わっているのは良かったけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    本書は、自身の想像力では足りない地震想定を補ってくれるものでした。地域別のシミュレーションは似通った部分も多いですが、特に津波への備え、避難方法を考えさせられた。BCPにふれた部分では、オリエンタルランドの事例に感心しました。また、自社のBCPはどれだけ有効に機能するのだろうと疑問に思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています