トルーマン・レター

トルーマン・レター

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ある事件がきっかけで新聞社を退社した峰先は、外国人同士の暴行事件に巻き込まれ、その現場で一通の手紙を手にする。それは第33代米大統領、トルーマンの私信だった。そこには広島・長崎への原爆投下の決断が書かれていた。一方、沖縄で米兵に襲われた女性の、大国に立ち向う市民運動が続けられていた。この二つの物語が絡み合い、意外な方向へ事件は発展する。なぜ原爆投下はなされたのか―――!? 歴史の闇に迫るサスペンス。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
432ページ
電子版発売日
2016年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2011年10月09日

    高嶋哲夫氏の本は社会性があり面白く読んでいる。この本は”原爆”という大きな事件について書かれているわけだが、その裏にあるトルーマンレターに振り回される(振り回す)人々の悲喜交交が記載されており、面白かった。
    一気に読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月09日

    高嶋哲夫にしては物足りない、と思ったがジワジワくる。
    物足りなさの原因は派手な国際陰謀が少ないところか。比較的死ぬ人も少ないし、ラストのどんでん返しも途中で予測がついてしまったし、著者に読みなれているとやや拍子抜け。
    しかし。血脈の執念、ヒロインの亡夫への思い、ヒロインを取り巻く過去の男達の優しさ等...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月08日

    面白かった
    国際陰謀バイオレンス&サスペンス&ミステリー
    途中までは、ハードボイルド、バイオレンス系でどうだかなぁって思いましたが、後半から徐々に真相が明かされてスッキリでした。(笑)

    ストーリとしては、元新聞記者の峰先は大学教授の友人を訪ねた帰りに外国人同士の暴行事件に巻き込まれます。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月22日

    気分の悪くなる描写から始まった。

    日本に原爆を投下した第33代アメリカ大統領: トルーマンが愛人に向けた手紙。
    それを手に入れてしまった元新聞記者。
    その元同僚や元恋人を中心に物語は展開していく。

    一方、沖縄で米兵に乱暴された女性の周りでも物語は進み、次第に交錯していく。

    どこまで鵜呑みにして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています