原発クライシス

原発クライシス

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本海のある海岸に、最先端技術を結集して建設された次世代型、世界最大の原子力発電所が謎のテロリスト集団に占拠された!? 同志たちの解放を要求し、汚染ガス放出を予告。原爆をはるかに凌ぐ放射能汚染。チェルノブイリ事故の何万倍もの被害が想定される空前の危機が日本を襲う。攻守それぞれの正義が交差するなか、愛する人、愛する国を守りぬけ! 災害サスペンスの旗手が放つ衝撃の問題作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
504ページ
電子版発売日
2011年08月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

原発クライシス のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    原子力発電所がテロにあったら。
    想像したらとても怖い。

    実際にテロ対策ってどの程度出来てるのだろうか?

    小説としては最後がちょっとあっけなかったけどそれでも読んでいてハラハラした。

    映画化したら面白そうだけど原発反対の意見が大きくなるだろうなあ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月20日

    震災前に書かれた本だが、今読むと現実と一部クロスして、特別の印象を与える。エンディングは今ひとつだったが、全体は楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月06日

    テロの可能性も再確認。
    日本は、曲者極東の国々に囲まれているだけに、妙に現実味がある。北朝鮮から更にバックボーンはロシアという展開が興味深かった。現実には、中国始め、中央アジア、中東…と地形学上の勢力図は危うい。
    お気楽島国日本の無防備さが恐ろしくなる思い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月04日

    3.11福島原発事故の前に書かれた、原発についてのお話。
    原発事故とは角度を変えて、原発の危険性を訴えてくる作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月18日

    面白かった
    原発災害かと思いきや、原発テロの物語
    東野圭吾の「天空の蜂」を思い出しますが、そこまでのメッセージ性は感じられませんでした。
    しかし、こんなことが現実に起きてしまったらと思うと恐ろしくなります。

    ストーリとしては、
    日本海にある世界最大の原子力発電所が稼働直前で、武装したテロリスト集団...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月02日

    原発がテロリストに占拠されて・・・
    なんだか、いろんな人がいっぱい出てきすぎて、全体的にボヤっとしちゃって集中できず。
    読後は、原発に対する自分の無知っぷりを反省した。技術的なことは分からなくとも、世界の原発の現状ぐらいは知っとかないとだな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月23日

    原発問題かと思いきや、テロリストに占拠された原発の話だった。
    多少オーバーな表現もあったが、小説としては面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング