小川糸の一覧

「小川糸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小川糸(オガワイト)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:作家

1999年『密葬とカレー』でデビュー。『食堂かたつむり』がベストセラーとなり、映画化されバンカレッラ賞料理部門賞、ウジェニー・ブラジエ小説賞を受賞。『つるかめ助産院』はテレビドラマ化された。

作品一覧

2022/07/22更新

ユーザーレビュー

  • ライオンのおやつ
    タイトルから「童話かな?」と思ってしまいますが、内容は迫りくる死との向き合い方を綺麗な情景と人々とで綴られた、とても優しいお話でした。

    小川糸さんの作品を読んだのは「ライオンのおやつ」が初めてでしたが、終始読みやすく、言葉に温かみがある印象を受けました。「ライオン」、「おやつ」という言葉がなぜ出て...続きを読む
  • ライオンのおやつ
    暗い小説が多い中で、ひたすらに心温まる一冊でした。
    島の風景や美味しそうなおやつの数々。死をテーマにしているのに不思議と辛さがありません。
    死の受け入れ方や向き合い方等、理想的な形を見た気がします。
  • ライオンのおやつ
    死と向き合うことは生きたいと思うことを素直に認めること。
    はあ、言葉にできない感情で満たされています。

    自分の気持ちに素直になっていく雫さんがすごくかっこよかったし、マドンナのゲストとの向き合い方がぜーんぶ包み込んでくれるように優しくて温かかったし、アワトリス氏の裏話を聞いちゃうと胸がきゅっとした...続きを読む
  • ライオンのおやつ
    気持ち良いくらいに正直な作品。
    今、生きているこの瞬間に、私達は感謝する必要がある。そのことを、力強く訴えている印象を受けました。口に運んでいる生命の恵み、夜空に響く鈴虫の音色。ほんの少し意識することで生の喜びに触れることができる。

    それにしても、毎度毎度、小川さんの料理の描写には、よだれが・・(...続きを読む
  • ライオンのおやつ
    人生の醍醐味。ゆっくり時間をかけて作られた 乳の最上級のおいしいもの。

    本を借りた方から「アワトリスさんの生き様が好きです」のメッセージが添えられていて、とても共感できました!見てくださった誰かにこのバトンをつなぎたくて感想に残します。

    物語に出てくるお粥がおいしそうで、しばらく我が家でもお粥が...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!