「小川糸」おすすめ作品一覧

「小川糸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小川糸(オガワイト)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 山形県
  • 職業:作家

1999年『密葬とカレー』でデビュー。『食堂かたつむり』がベストセラーとなり、映画化されバンカレッラ賞料理部門賞、ウジェニー・ブラジエ小説賞を受賞。『つるかめ助産院』はテレビドラマ化された。

作品一覧

2015/12/18更新

ユーザーレビュー

  • つるかめ助産院
    実は、小川糸さんをはじめて読みました。

    本屋さんで、なんとなく気になって、手にした作品。

    登場人物たちが、みんなイキイキしてる。
    そして、みんな、それぞれ、いろんなものを抱えて生きてきている。
    自分1人だけではないのだと、思える。

    まりあの再生のストーリー。
    最高でした。
    癒されました。
    自分...続きを読む
  • つるかめ助産院
    久しぶりにじ〜ん、と感動しました。
    個人的にスピリチュアルな感覚も好きなので、心に染みました。
    久しぶりに好きなタイプの本に出会えた
  • つるかめ助産院
    【あらすじ】
    夫が姿を消して傷心のまりあは、一人訪れた南の島で助産院長の鶴田亀子と出会い、予想外の妊娠を告げられる。家族の愛を知らずに育った彼女は新しい命を身ごもったことに戸惑うが、助産院で働くベトナム人のパクチー嬢や産婆のエミリー、旅人のサミーや妊婦の艶子さんなど、島の個性豊かな仲間と美しい海に囲...続きを読む
  • つるかめ助産院
    【あらすじ】
    夫が突然、失踪。まりあは彼を探して思い出の島を訪れるが島の助産院の先生から予期せぬ妊娠を告げられる。家族の愛情を知らずに育ったまりあは夫がいないまま、出産をするかどうか戸惑うが…? 太陽と海と自然の営みが紡ぐ、みずみずしい命の物語──

    【感想】
  • つるかめ助産院
    妊婦とは、命を“育む人”。
    赤ちゃんが教えてくれることって沢山あるんだなと思った。産むことが出産の醍醐味じゃなくて、産むまでの長いプロセスが大切だと。

    十月十日かけて赤ちゃんが母親にしてくれることを忘れず、私も育んでいきたい。

特集