櫛木理宇の一覧

「櫛木理宇」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:櫛木理宇(クシキリウ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1972年07月29日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:作家

2012年『ホーンテッド・キャンパス』でデビュー。同作は第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。また、同年『赤と白』で第25回小説すばる新人賞を受賞している。『ホーンテッド・キャンパス』シリーズ、『赤と白』、『寄居虫女』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/09/21更新

ユーザーレビュー

  • 殺人依存症
    このタイトルにゾクゾクする。どんな物語だ?凄い凄惨なシーンを期待してしまう。櫛木さん、やるからなぁ。と期待値が上がっている状態で読み始める。

    最近の読書傾向的に、ちょっと警察物にマンネリ感を抱いていた。ざっくり言うと、ある事件があって刑事や犯人の心の機微があって、最後にあっと言わせるというのが定型...続きを読む
  • ホーンテッド・キャンパス 待ちにし主は来ませり
    あーーー、ほんと相変わらず日常パートとホラーパートのギャップよ。
    今回は特に、ひたすら森司とこよみのテレテレらぶらぶパートと、怨念と執念のホラーだったので、温度差すごい。
    こよみちゃんにとっては、森司がかっこよくてたまらないんだろうねぇ。
    人間の業は深いなぁ。幽霊のがまともやん!て勢い。オカ研のみん...続きを読む
  • 赤と白
    思ったよりテンポ良く読めた。

    4人の少女の心の闇(苺実は種類がちょっと違うが)。

    それにしても、小柚子はあまりにも救いが無くて辛い…。

    性暴力のトラウマから逃れるために
    衝動的とはいえ「母殺し」という手段を選んだのに
    結果、また性暴力の被害に遭うなんて。

    心を失った小柚子に、弥子はどう寄り添...続きを読む
  • ホーンテッド・キャンパス 待ちにし主は来ませり
    クリスマスイヴの一日を舞台にオカ研を襲ういくつもの事件。連作短編の形式は今まで通りですが畳みかけてくる勢いがすごい。
    部長達の計らいでそんなこととは別にこよみちゃんとデートを楽しむ森司ですがやがて事態は彼等も巻き込むことに。
    呪われた家だったり女優の霊だったりいままでもラスボス候補は出て来たもの...続きを読む
  • ホーンテッド・キャンパス 待ちにし主は来ませり
    いよいよ森司君とこよみちゃんのデート❤️
    素敵なクリスマスプレゼントも用意して
    ドキドキでした
    途中までは良い感じなんですが、オカルト現象が
    またもや邪魔をするwww

    でもこの2人の場合それで絆が深まってくんですよね
     
    3つのエピソードが同時進行して
    最後の事件で全員を巻き込んで
    けっこうヤバい...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!