「櫛木理宇」おすすめ作品一覧

「櫛木理宇」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:櫛木理宇(クシキリウ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1972年07月29日
  • 出身地:日本 / 新潟県
  • 職業:作家

2012年『ホーンテッド・キャンパス』でデビュー。同作は第19回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。また、同年『赤と白』で第25回小説すばる新人賞を受賞している。『ホーンテッド・キャンパス』シリーズ、『赤と白』、『寄居虫女』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/05更新

ユーザーレビュー

  • 侵蝕 壊される家族の記録
    実際にある事件で、占い師が家族を洗脳して住み込んでしまう様に、この小説でも化粧の濃い女がある家庭を破滅へ追い込みます。
    手口がリアルで、こんな風に洗脳されていくんだなって思った。
  • ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく
    シリーズ12作目。今回も半端なく怖い! 生きてる人間も、死んだ者の霊も(どっちかといえば、生きた人間のほうが怖いのかなあ?)。そしてなんと、過去に登場したあの一番わけがわからなくって気持ち悪い恐怖の家が、あんな形で絡んでくるだなんてっ! あの家、いったいどんな因縁があるのでしょうか。指絡みの何か。怖...続きを読む
  • ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり
    家族も血縁も難しい。何だってそうだけど比べ出したらきりがないし。
    変わっていく価値観と守ろうとする伝統とその間に落ち込むとこれまたむずかしいしね。

    さて。周りの温かさ…なのか生温ーい目線がかなりクセになってきましたよ。
  • ホーンテッド・キャンパス きみと惑いと菜の花と
    やだもう。おばさんどんだけ悶絶させたら気がすむの!?
    …な、パートがあるから読後感救われてるけど、今回テーマがリアルで色々考えてしまう。親子…ねぇ。


  • 避雷針の夏
    色々な事柄をよく観察しているからなのか、こんなに色々なジャンルで書けるとは…スゴイ作家さんである。

    人間描写と話の流れは飽きないし、多分登場人物(主役でなく)の誰かはまるで自分の投影された姿のような気になる。
    あぁこれが現代社会というものなのかと思い、本当によく観察されていると思う。生々しさがスゴ...続きを読む

特集