「津本陽」おすすめ作品一覧

「津本陽」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/26更新

ユーザーレビュー

  • 薩南示現流
    薩摩に伝わる剣術、示現流の話。薩摩には縁があるので、さらに楽しめた。流祖、東郷中位の他、数々の示現流の使い手が出てくる。久しぶりに、格好いい侍の作品を読んだような気がする。薩摩の武士の感じも出ていて良かった。
  • 過ぎてきた日々
    時代小説は縁遠く 津本さんのコーナーはパスしていた が 気付けばあまりにもたくさんの本が並んでいる その魅力を知りたくてとりあえずこの自伝的なものを手にとってみておどろいた
    この方の時代小説はどこかでしっかり今とつながって活き活きと描かれているにちがいない この人のチャンバラは机上の空想ではなく実践...続きを読む
  • 深重の海
    人はこうまでしても生きなければならないのか……

    重く苦しい読後感だ。
    久しぶりに手ごたえのある小説に出会った。
    伊東潤の書いた日経夕刊のコラムで取り上げられていて、手に取ったのだが、まだまだ知らずに出会っていない素晴らしい作品はあるのだろう。

    明治初期、太地を舞台に鯨捕りを題材にした本作は過酷な...続きを読む
  • 勝海舟 私に帰せず(下)
    勝海舟が今の日本を作ったと言っても過言ではないと思える.幕府が傾きかけており,対抗する薩長に勢いがあって,西郷や大久保,木戸の主導で維新がなされたのは確かだが,それを人脈や根回し,裏交渉を使って実現可能な形で軟着陸させ,無政府状態を回避したのは,勝「個人」(+慶喜が少し)の功績である.かっこいいこと...続きを読む
  • 椿と花水木 万次郎の生涯(上)
    気力、体力、知力、そして礼の心、義の心。万次郎のポテンシャルに脱帽。
    思春期に実力主義・合理主義のアメリカを体験しながら、階級社会の日本に戻り暮らしたことは、さぞ苦しかったのではないかと思う。
    アメリカで結婚を誓った相手キャサリン。彼女との突然の別れには泣けました…。上下巻のなかで、最も泣けたね...続きを読む

特集