津本陽の一覧

「津本陽」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2/5入荷
おおとりは空に
680円(税込)
購入予約
2/5入荷
幕末剣客伝
660円(税込)
購入予約
2/5入荷
前田利家(上)
660円(税込)
購入予約
2/5入荷
前田利家(中)
660円(税込)
購入予約
2/5入荷
前田利家(下)
660円(税込)
購入予約
1/29入荷
武田信玄(上)
660円(税込)
購入予約
1/29入荷
武田信玄(中)
660円(税込)
購入予約
1/29入荷
武田信玄(下)
660円(税込)
購入予約

作品一覧

2021/01/26更新

ユーザーレビュー

  • 暗殺の城(下)
    歴史の教科書には長篠の戦いで敗れた武田家が、あっという間に滅亡したように書
    かれているが、実際は敗勢を立て直そうとする武田方と領土拡大を図る徳川方の間
    で壮絶な戦闘が何度も行われている。うのたち少数精鋭の忍者集団が、徳川方にさ
    まざまなゲリラ戦を仕掛けるところは痛快だが、これは現代戦における特...続きを読む
  • 暗殺の城(上)
    面白かった。津本陽の作品は、いろいろな資料を丹念に読み込んだ上で書かれている
    ので真実味がある。また、他の作品と違って家康、勝頼、信長など、登場人物がそれ
    ぞれの方言で話しているのも面白い。たぶん実際はこんな話し方をしていたのだろう
    なあ、と考えると余計に現実味がわく。あっという間に読み終えて...続きを読む
  • 最後の相場師 新装版
    安く買って高く売るという株式投資の王道を貫いた是川銀蔵を描いた本。
    小手先の技術でなく「王道」なので現代でも面白く読める。
  • 下天は夢か 三
    比叡山焼き討ちだけ読みたくて再読。
    数ある織田信長モノで「下天は夢か」が一番好き。
    此れを超える織田信長モノは未だに無い。
  • 深淵の色は 佐川幸義伝
    合気道の達人だった佐川幸義の評伝。
    合気というものがどのようなものか、普段接することの無い人間にとっての理解を深めてくれる内容。才能を持ち真に鍛えた人間の中にはフィクションの世界のこととしか理解できない能力を備えることがありうることを教えてくれる。死ぬまで自身を鍛え技を磨いた人の超能力を知ることなる...続きを読む