深重の海

深重の海

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【第79回直木賞受賞作】紀伊半島は南東部、太地湾辺りは古くから鯨取りで栄えた土地柄である。明治11年12月24日、熊野灘の沖に現われた一頭の巨大鯨。小舟に乗った数百人の男たちが立ち向かう。これが大遭難、世にいう“背美流れ”の発端となり、慶長年間からの伝統的な捕鯨組織が崩壊しはじめる。明治の激流に呑まれ、滅びゆく運命をたどる海人たち。愛と闘いをドラマチックに描いた感動の長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
472ページ
電子版発売日
2018年09月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

深重の海 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年12月06日

    人はこうまでしても生きなければならないのか……

    重く苦しい読後感だ。
    久しぶりに手ごたえのある小説に出会った。
    伊東潤の書いた日経夕刊のコラムで取り上げられていて、手に取ったのだが、まだまだ知らずに出会っていない素晴らしい作品はあるのだろう。

    明治初期、太地を舞台に鯨捕りを題材にした本作は過酷な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング