信長・秀吉・家康 天下人の夢

信長・秀吉・家康 天下人の夢

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

危機の時代、真のリーダーの戦略と決断とは!?

〈戦国〉の第一人者が三人の覇者を語り尽くす!

英傑の天下取り戦略とは?戦国の新常識がわかる!

戦国時代を終わらせた、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ら三人の英雄の戦いや政策、人間像を、『下天は夢か』など「夢」三部作で戦国小説の第一人者となった津本陽と、多くの大河ドラマの監修を務める歴史学者・二木謙一との対談で解き明かす。「長篠の合戦」「本能寺の変」「関ヶ原の戦」など歴史的事件も詳細に解説、図版も多数収録。戦国ファン必読!

目次
第一章 織田信長         
辛抱強かった若き日の信長
信長のリーダーシップ
信長の人材活用術
信長の派閥対策
信長の経済政策
信長流部下の使い方
信長の宗教政策
信長の演出力
信長必勝の戦略

第二章 豊臣秀吉
秀吉の読心術
秀吉流金の使い方
秀吉の使われ方
秀吉による人の動かし方
黒田官兵衛の引き際

第三章 徳川家康
家康の経験値
家康のナンバー2活用術
二代目、三代目の甘さと徳川家

◎CLOSE UP 戦国合戦・戦国時代
桶狭間の合戦
楽市・楽座
本能寺の変
信長の親衛隊
一向一揆と石山合戦
長篠の合戦
安土城
木津川口の合戦
山崎の合戦
高松城水攻め
戦国の軍師
九州の関ヶ原
三方ヶ原の合戦
小牧・長久手の合戦
関ヶ原の合

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2020年06月26日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

信長・秀吉・家康 天下人の夢 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    作家の津本陽さんと歴史学者の二木さんの対談方式で三英傑の戦い方、人間性がわかる本。わかりやすく面白かった。戦国時代の戰が他国の戰いより規模が大きかったというのは驚いた。結局、トップになるにはカリスマ性や人望が必要ということか。光秀謀反の動機、いろんな説があるけれどお二人は、いつか自分が信長から排除さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています