「枡野俊明」おすすめ作品一覧

「枡野俊明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:枡野俊明(マスノシュンミョウ)
  • 生年月日:1953年02月28日
  • 出身地:日本 / 神奈川県

玉川大学農学部農学科卒。著書に『寺院空間の演出』、『プロセスアーキテクチュア:枡野俊明のランドスケープ』、『禅の言葉 ~シンプルに生きるコツ~』などがある。2001年に建功寺第18世住職に就任。2006年にドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章を受章。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/05更新

ユーザーレビュー

  • 心配事の9割は起こらない 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」
    余計な不安や悩みを抱えないように、他人の価値観に振り回されないように、無駄なものをそぎ落として、限りなくシンプルに生きる。
    いま、ここだけに集中する。ポイントは、減らす、手放す、忘れる。
    比べない生き方をする。
    手を合わせる場所を作る。
    持ち物を減らす。喜捨の精神。
    世の中には自分ではどうにもならな...続きを読む
  • 心配事の9割は起こらない 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」
    本書は禅僧の枡野氏が、不安や悩みを抱えながら生きる現代人に対してのメッセージをまとめた本である。
    様々な相談を受けた枡野氏曰く、現代人の悩みには「実態がない」のだという。

    ほとんどの不安や悩みは「妄想」や「思い込み」、「勘違い」や「取り越し苦労」で出来ている。
    ポイントは「捨てる」ことである。
    ...続きを読む
  • 傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考
    図太さとはおおらかさ

    傷つきやすさは繊細さ

    他人と比較することなく自分自身を優しく見つめることの大切さを具体的なシチュエーションを織り交ぜ書かれている

    読んで少しも悪い気がしないのは著者の人柄だろうか?

    なんとなく自信が持てない人は読んでみたらよいと思う
  • おだやかに、シンプルに生きる
    縁について考える人との出会いがあり
    縁ってなんなんだろう?と思って「縁」ということばで検索したら
    「花無心招蝶 蝶無心尋花」の部分がヒットして本書を手に取った

    禅道の言葉
    人との関わりで思い、悩んだ時に選んだ本は
    禅道の本が多い
    信仰している宗教があるわけではないが
    幼い頃から日常に神社仏閣との...続きを読む
  • 禅が教えてくれる 美しい時間をつくる「所作」の智慧
    美しく生きたいと思う。丁寧な仕草や言葉遣いだったり、心に余裕を持ったり、人を大切にすることは心がけていたが、"美しい時間をつくる「所作」の智慧"とはどういうことだろうと思った。それは、姿勢を正すこと、ご先祖様に感謝すること、季節の行事を大事にすること、「ながら」作業をしないこと、一瞬一瞬を丁寧に生き...続きを読む

特集