南杏子の一覧

「南杏子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/04/08更新

ユーザーレビュー

  • いのちの停車場
    金沢での在宅医療の話。医師ならではの臨場感ある描写と、丁寧な情緒面の語りが絶妙。暗い話になりがちな終末医療。でも読後は悪くない。
    ゴミ屋敷老人、老老介護、官僚、IT社長からの父親、6歳の女の子という進み方が、他人事から自分の事となっていくようでかなり感情移入してしまい、涙涙…。
    3月に義父を癌で亡く...続きを読む
  • いのちの停車場
    話題になっていて先日テレビにも著書がでていたので気になってよんだが、とても読みやすかった。
    所謂死に際にどんな状態になるのか、何が必要なのか具体的によくわかった。
    自分はどうするのか、考えた。
    昔より人の死に向き合う機会が少ないので多くの人に是非読んで欲しい。
  • いのちの停車場
    在宅医療現場の現実が読み手に迫ってきます
    終末の様子の描写に手加減がなくリアルで
    自宅で母を看取った時の何か月かの部屋の臭気がよみがえりました
    思いがけない結末に作者の覚悟が読み取れました
  • いのちの停車場
    命には限界がある。安楽死、終末医療、アドバンス・ケア・プランニングについて、現役医師の作家だからこそ描けた感動作。

    勤務地の管内の病院に勤務する医師の方の作品ということをきっかけに手に取った一冊。

    長く救命科の医師を務めた主人公、ある事件を機に大学附属病院を辞め故郷の金沢へ帰る。年老いた父。幼な...続きを読む
  • サイレント・ブレス 看取りのカルテ
    終末医療と看取り。死ぬことはゴール。ならばどう死ぬか。死と向き合っていく姿は、まるで自分が体験していることのように感じる。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!