「大倉崇裕」おすすめ作品一覧

  • 作者名:大倉崇裕(オオクラタカヒロ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1968年
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

学習院大学法学部卒。1997年『三人目の幽霊』で第4回創元推理短編賞佳作を受賞、2001年同作でデビュー。「ツール&ストール」で1998年に小説推理新人賞を受賞。その他作品に『無法地帯』、『七度狐』、『福家警部補の挨拶』などがある。また『刑事コロンボ 殺しの序曲』などの翻訳も手がける。

作品一覧

2017/02/10更新

ユーザーレビュー

  • 動物シリーズ

    面白い

    相変わらずテンポのいい文章が好きです。疲れることなく一気に読めます。
    うんちくも押しつけがましくなくてストーリーの邪魔になりません。

    papabon

  • 福家警部補の報告

    福家警部補は好きな探偵役の5本の指に入る人物です。しかしこのシリーズは倒叙型のスタイルなので、福家警部補自身の描写は少ないのですね。犯人側もしくは事件の関係者から見た福家警部補の姿が描かれるだけです。おっとりしているようなとぼけているような様子からズバズバと犯人を切り崩していく姿は痛快にしてかっこい...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

    鬼警部補・須藤友三と動植物に詳しい薄(うすき)圭子巡査の名コンビシリーズ「ペンギンを愛した容疑者」、2015.11発行です。ペンギン、ヤギ、サル、ヨウム(大きなインコ)の4話です。ヤギとヨウム、感動しました。容疑者が残したペットの世話をしながら犯罪の真相に迫っていく物語、だじゃれを連発しながら(多す...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集