オチケン、ピンチ!!

オチケン、ピンチ!!

作者名 :
通常価格 600円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

底抜けにお人よしで、落語に興味がないのにオチケン部員で、なぜか事件を引き寄せてしまう特異体質の持ち主・越智健一。そんな彼が活躍する『オチケン!』につづく、落語・学園ミステリーの第2弾。勢力拡大をもくろむサークル間の陰謀か? オチケン部長が退学の危機に陥る「三枚の始末書」、謎の失踪を遂げた新進落語家の行方を探るうち、厳しい芸の世界を垣間見る「粗忽者のアリバイ」の2編を収録する。風変わりな先輩二人に振り回され、必修科目にも出席できないまま。その上、学生部にも暴走族にも目をつけられた越智君の運命は……。本書を読んで、落語の楽しみを発見するもよし、一癖も二癖もある登場人物たちの丁々発止を楽しむもよし。落語ファンも、落語をあまり知らない読者も抱腹絶倒まちがいなし。解説は、笑点メンバーでおなじみの林家たい平師匠。まるで『オチケン!』の世界そのままの落研時代の愉快な逸話を披露してくれている。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年04月07日
コンテンツ形式
XMDF

「オチケン、ピンチ!!」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年11月25日

興味もないのに名前だけで落語研究会に入らされてしまった越智健一の奮闘、シリーズ2冊目。始末書3枚で退学のルールがあるこの大学。落研の部長が何者かにハメられて3枚目の始末書を書く事になった!他にも数名の犠牲者が…【三枚起請】/大学にゲストで呼んだ将来有望な若手噺家が忽然と姿を消した。周りには不穏なバイ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月25日

文庫本化に伴い再読。

グダグタしているようなのに、スピーディーにも感じる不思議な感覚。
2009年に刊行されたことを思えば、越智も順調にいっていれば4年生。
越智・岸・中村のオチケンメンバーの続きがそろそろ読みたいものだ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!