「吉本ばなな」おすすめ作品一覧

「吉本ばなな」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年2月号

作品一覧

2018/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 吹上奇譚 第一話 ミミとこだち
    久しぶりに手にとった吉本ばなな。ファンタジーだけれど、ファンタジーと現実の境目のぎりぎりあちら側くらい。非現実も、悲劇も、哀しみも、薄暗い部分も、不可思議も、恐怖も、そういう色んなものが心地よく流れてゆく。全く違うけれど「つぐみ」を思い出すような、チクチクする感じも好き。暖かい気持ちになれた。続きが...続きを読む
  • 吹上奇譚 第一話 ミミとこだち
    書き下ろし

    交通事故で父が死に、母が意識不明のままになった双子の姉妹が、東京の学校へ行きそのまま暮らしていたが、妹が突然いなくなった。姉は妹を探しに故郷の町に戻ると、妹は異世界と繋がっているその町で、母を目覚めさせるために見えない姿になって活動していた!

    吉本ばななのファンタジーである。この姉妹...続きを読む
  • 哀しい予感
    読書の面白さを感じ始めた頃
    初めて胸にくる何かを強く感じた本

    数十年ぶりに再読

    やっぱ好きだにゃ
  • ハネムーン
    男と女としてではなく、人間と人間として繋がった者同士でも、恋人や夫婦という体を取ると、物足りなさを感じ、それが相手への不満となって蓄積されていくものなんだろう。まなかもそういう時期があったと言っていた。しかし裕志の元から決定的に去るようなことはせず、その内に、若いからこそ生まれる不満は歳を重ねること...続きを読む
  • 人生の道しるべ
    内容ですが
    まえがき 宮本輝
    第1章 作家の資質
    第2章 人間の成長とは
    第3章 人生の達人
    第4章 父として、母として
    第5章 心と体を健やかに
    第6章 「死」はいつも身近にある
    第7章 生きること、書くこと
    あとがき 吉本ばばば
    ということです。
    読み終わって、とっても爽やかさが残る対談集です。...続きを読む

特集