TUGUMI

TUGUMI

作者名 :
通常価格 502円 (457円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と姉妹のように育った海辺の小さな町に帰省した私は、まだ淡い夜の始まりに、つぐみとともにふるさとの最後のひと夏を過ごす少年に出会った――。少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語。第二回山本周五郎賞受賞作。[装画・山本容子]

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
245ページ
電子版発売日
2014年07月24日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

TUGUMI のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    その時の情景や、つぐみの感情を表す言葉一つ一つが丁寧でとても綺麗だった。
    つぐみの生き様は力強くパワーを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月11日

    私は「夜のせい」がとても好き。
    夏の夜、寝れない日にみんなで海に向かって歩いたり、そこでの人との出会いとか、自分が好きな要素が全部詰まっていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月27日

    吉本ばななさんの小説を初めて読みましたが、言葉一つ一つが美しくて、つぐみやまりあたちが過ごした夏の情景がきらきらと浮かんできました。最後もいい終わり方だったな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月04日

    美しい、夏の記憶。
    なんだか泣きそうになるような、
    でも心はあったまっているような。

    ばななさんのことばたちはいつも、
    言葉全体で表現できない何かでわたしを包んでくれる。
    不思議な気持ちになります。
    生と死の間のすごく、すごく美しい場所にいるような。



    『私はいつでも楽しいし幸せだけれど、とき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    『握手なんて求めたらぶっ殺す』

    つぐみが可愛らしい。彼女の存在感が小説を素晴らしいものにしてる。映画もみたいな。でもこれは想像の中だけで終わらせるほうがいいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月29日

    吉本ばななさんの代表作の一つ。夏の海の様子がずっと頭に浮かんでいて、思い浮かべる情景がなんともエモくて素敵で、読み終わりたくなかった。つぐみとまりあの関係も、陽子との関係も、恭一との関係も、トータルでよかった。つぐみは病弱で暗い部分あるんだけど、頭良くて優しい部分もあって、なんだかかっこよかった、、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月22日

    ばななさんの作品の中でも特に好きな作品。
    淡い恋、青春ですねぇ。病弱だけど気が強く、不器用だけど優しいつぐみが好きです。また読み返したくなる1冊

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    久しぶりに読み返してみた

    無人島に持って行くならこの一冊
    そのくらい大事な小説

    初めて読んだのは中学生の時
    センター試験に出た時はびっくりした

    キラキラした故郷の、子供の頃の思い出、少し成長した学生時代のひと夏の思い出

    かげがえのない青春は大切な宝物
    いくつになっても
    誰にとってもね

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    TUGUMI

    いまだ 2015年11月21日

    まあ良かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月24日

    つぐみは、病弱でわがままな美少女。口がものすごく悪くて乱暴。だけど人間的にとても魅力があって、いとおしく思える。自分の命が他人よりも短いことを知っているからか、とても刹那的な生き方をしている。そういう部分さえもいとおしく感じられる。毎日を、本気で生きているように見えるから。
    そんなつぐみをいつも傍で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています