体は全部知っている

体は全部知っている

作者名 :
通常価格 499円 (454円+税)
紙の本 [参考] 561円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

「アロエが、切らないで、って言ってるの。」
ひとり暮らしだった祖母は死の直前、そう言った。植物の生命と交感しあう優しさの持ち主だった祖母から「私」が受け継いだ力を描く「みどりのゆび」など。日常に慣れることで忘れていた、ささやかだけれど、とても大切な感情――。心と体、風景までもがひとつになって癒される13篇を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年01月29日
紙の本の発売
2002年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

体は全部知っている のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月28日

    ○吉本ばなな!少し体調が悪いのが続いた時期に題名を見て、なんとなく手に取る
    ○一言でこの小説を表すと「読む漢方」、栄養ドリンクとか点滴ではないのがミソ。私は心身一元論を支持していて、心と体はつながっていて、そもそも分けることにも疑問を抱いているんだけど、心身一元論において、現在はどちらかというと、心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    アロエと話したり不思議な感じとか、
    お母さんとおとなびた小さい子とのやり取りが締め付けられたりとか、
    夢の中のような感じだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月11日

    吉本ばななさんの本を初めて読んだ。
    文章がきれいで、とても読みやすかった。
    もっと読んでいたかった。
    どの話も共感できるような、そう、"体は全部知っている"と納得できるような内容だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月25日

    吉本ばななさんの文章はとても好き。読み終わったあと、やわらかい気持ちになって、からだに情景や想いが染み込んでくる感じがする。彼女の文章はわたしが好きな淡い色。
    無理に考えなくても、結局は体が一番自分を知ってるんだ、ってことに気付かされた。よく、友達の方が自分を知っているとか聞くし、わたしもそうだと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月21日

    ◆本能と、直感と。

    女は、独特の生き物である。
    鋭い直感と本能に生きるものである。
    そんな女の生態がよくわかる著書だ。

    この本の主役は、
    女の、決して人には見せない感情たち。
    ここでは、女の体に沿うように
    敷きつめられた感情たちが、
    揺れ動いている。

    女は留まることを知らない生き物である。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月06日

    頭で思い出したり考えたりするよりも確かに、体は全部知っていた。この"体"というのはおそらく"感覚"のことだろうと思う。空を見る、食べ物を食べる、何かに触れる、特定の音を聴く、その時に頭にぱっと浮かんでくる何か。それらのものを確かに自分は知っていたはずなのに、ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月20日

    直感的に体で感じていること、無意識に心で感じていること…そういうことを大事にしたい。

    とても好きな一冊。
    また、ふと読み返したくなる時が来るんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月19日

    止める事のできない時間は惜しむためではなく、美しい瞬間を次々と手に入れるために流れている。

    西日とくろいアゲハが好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

     『体は全部知っている』というタイトルだけあって、気持ちが追いつく前にしっくりとわかっていることや予感、五感がすべてのことを拾い上げている感覚がふんだんに描かれた13篇でした。初期のみずみずしいよしもとばななさんの文章が好きな人なら本作もきっとお気に入りになるはずです。

     こんなに短いお話ばかりな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月28日

    体はいつでも正直なんだな。膝がいつも痛くなる時、心が下に下がっている時、出してくれてるサインを見過ごさずにちゃんと向き合わないと、体壊れてしまうのだな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています