丸山正樹の一覧

「丸山正樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/09/23更新

ユーザーレビュー

  • 慟哭は聴こえない
    デフ・ヴォイスの三作目の短編集です。

    荒井がみゆきと入籍してみゆきと美和が家族になり、みゆきは荒井との約束通り出産し、瞳美が生まれます。
    瞳美は「聴こえない子ども」でした。
    みゆきは、瞳美に人口内耳をつける手術をすべきか悩みます。「親が勝手に(手術)をしないという選択をしていいのか。瞳美がその選択...続きを読む
  • 慟哭は聴こえない
    『デフ・ヴォイス』シリーズ3冊目。

    1、2冊目では描かれなかったことが描かれたことで
    登場人物やその関係性、
    そして時間経過に伴う人間模様の変化など
    より彩りを増したものになっていました。

    これでもう登場人物たちを見守れないのかと思うと
    寂しい限りですが、
    同時に、その余韻を楽しむという
    フィク...続きを読む
  • 龍の耳を君に
    この作品は丸山正樹さんのデビュー作の『デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士』の続編です。

    第一作で主人公の荒井尚人は警察に勤める安斉みゆきと恋人同士でしたが、この作品ではみゆきの職業柄、結婚はしていませんが、荒井はみゆきと娘の小学二年生の美和と一緒に暮らすようになりました。

    荒井はろう者の親から生ま...続きを読む
  • デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士
    家族の中で自分だけが異質な者であること。社会の中で自分が少数者であること。もうこれは想像するしかないけれど、実体には遠く及ばないのが残念で仕方ない。少しずつ違う個性を認め合って行きたい。金子みすゞのように、みんな違ってみんないいと言える自分でいたい。
  • 漂う子
    親としての自覚、それはどこでどうやったらできるのだろう。周囲から?教えてもらう?自分で?背中を見て?

    初めての子供がお腹に宿ったと分かった時、自覚の じ の字も持ってなかった私の心は途方にくれた。夫の一言が少しの灯りをくれた。彼がどんな気持ちでそう言ったのかいつか聞きたい。

    この世に生まれること...続きを読む