「細川貂々」おすすめ作品一覧

「細川貂々」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/01/03更新

ユーザーレビュー

  • ツレがうつになりまして。
    スーパーサラリーマンだった作者の旦那様がある日。突然「死にたい」とつぶやきます。会社の激務とストレスで「うつ病」になってしまったのです。病気と闘う夫婦のユーモアと愛の溢れるお話です。「うつ病」のことが本当によくわかる本です。「ツレのつぶやき」も良いです。
  • その後のツレがうつになりまして。
    うつじゃないじゃん、もう治ったよね? 薬よりこの食べ物だ!
    そんなことばかり言われて、私も参りましたよ。
    うつ周囲の人のあるあるなんですかね。
    それ、言われる方は辛いんです。
    この本を読んで、そういう人って、やっぱりうつ周囲のあるあるなんだなあ、と思いました。
  • ツレがうつになりまして。
    てんてんさんもツレさんも、大らかでステキなご夫婦です。
    私もあんな風になってたなあ、と思い出しました。
    今はお元気なようで、とても励まされます。
  • お多福来い来い~てんてんの落語案内~

    上方落語聞きたくなった

    東京の寄席によく行くのですが、上方にも行ってみたいと思いました。「お文さん」のネタは、桂文珍師匠が「満両」という噺となにか関係があるのか、知りたいです。
  • それでいい。 自分を認めてラクになる対人関係入門
    面白かった。ネガティブ思考クイーンってのが、おもしろくて大笑いしてしまった。水島広子さんの考え方のエッセンスが軽いながらも、よく伝わってくる本。そして何より、水島広子さんの本で、クライエント側からの視点からかかれた本というのはなくて、悩みを持つ人が共感をもって読める本。

特集