「水島広子」おすすめ作品一覧

「水島広子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/08更新

ユーザーレビュー

  • 小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ(大和出版)
     「どこを自分にとって当たり前にするか」ってことなのかなと思った。
     フラれたら自信を無くすのは当たり前だし、新天地に移って不安なのも当たり前、他人の評価に一喜一憂するのも当たり前だし、知らない人と話してどぎまぎするのも当たり前。そういう自分を予めメタ認知できていれば、OKなのかなと思った。

    P1...続きを読む
  • 「毒親」の正体―精神科医の診察室から―(新潮新書)

    「毒親」関連の書籍では一番

    様々な毒親関連の書籍を読みましたが、これが一番精神的に楽になれました。
    著者には感謝しています。

    子供がASPと診断され、毒親認定している母親が同じだなと感じていたので、スムーズに理解がすすみました。

    特別親子関係が改善される等ではないですが、非常に辛い心理状態でしたので、読んで癒やさ...続きを読む
  • 「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
    忙しさから抜け出すコツは、今に集中すること。
    どう生きていきたいか考え、自分の判断で優先順位をつけ、それに集中すること。
    忙しさを感じる時こそ、余裕ある外見にしてみる。
    など、いろんなエッセンスを学びました。
  • 「毒親」の正体―精神科医の診察室から―(新潮新書)
    「毒親」の正体。水島広子先生の著書。精神科医である水島広子先生の分析と経験によると、毒親になりやすいのは、発達障害や精神疾患(統合失調症や鬱病)といった精神科的問題を抱えている人、それから貧困状態にあるなど経済的に余裕がない人。毒親が毒親になってしまう背景の理解なくしては毒親問題を正しく理解できない...続きを読む
  • 「対人関係療法」の精神科医が教える 「怒り」がスーッと消える本(大和出版)
    怒りが生じるメカニズムを分析し、生じさせないようにするための対処法が書かれている。
    自分は何に怒りを感じていて、どうすればよいのかがわかって気持ちが少し楽になった。

特集