「乙一」おすすめ作品一覧

【乙一】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:乙一(オツイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1978年10月21日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

豊橋技術科学大学工学部卒。1996年『夏と花火と私の死体』でジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、17歳でデビュー。『GOTH リストカット事件』などの作品を手がける。同作は本格ミステリ大賞受賞。

作品一覧

2017/04/14更新

ユーザーレビュー

  • ZOO 1
    乙一だーーー!!!すごい乙一でした
    最初の作品とか衝撃的すぎて、次のも映像されてるのが衝撃的すぎ。でも4作目の乙一感ね、大好きだ、、、
    長編以上に短編の方がグロテスクめだね、、、そこには驚いた、、、
  • 失はれる物語
    中学生の時、表紙が気に入って読んだ本。
    内容を覚えていなかったけれど、「好き」という気持ちだけ覚えていた。
    偶然大学の図書室で見つけてそのまま借りた。

    きっと主人公や登場人物が抱える闇、ほかの人にはなかなか相談できない苦しみ、思考回路に共感する部分が多かったから、この本が好きなんだと思う。

    ミス...続きを読む
  • 暗いところで待ち合わせ
    初の星5つ。

    自分の身内に視覚障害のある人がいるので
    まずそこに興味を持った。
    私の知る人は全盲ではないけれど、
    おそらくほとんど見えていないのではないかと思う。
    彼女は自分の目について何も言わない。
    だから小さい頃は「目が見えない」という
    そのものが理解できていなかった。
    その為、彼女を無意識に...続きを読む
  • 暗いところで待ち合わせ
    最初は江戸川乱歩の人間椅子や二宮敦人の作品のような不気味さがあった。
    しかしストーリーが進んでゆくにつれ、周りと関わることのできない二人が不器用ながらも少しづつ交流していく心温かい話に変わっていった。
    二人とも不器用だから、周りと上手く付き合うことができなくて、そこがもどかしい。
    ミチルの目が見えな...続きを読む
  • 箱庭図書館
    みんなのボツ原稿をリメイクした短編集。舞台は一緒、少しずつ話がリンクしていくのが読んでいて楽しいです。潮音さんにはオススメの本を教えてもらいたいです。王国の鍵は夢があっていいですね。子供の頃こういった場所があったら、でも何でも親に話すタイプだったので、私が入ったら情報漏洩甚だしかったでしょうが。雪の...続きを読む

特集