「乙一」おすすめ作品一覧

「乙一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:乙一(オツイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1978年10月21日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

豊橋技術科学大学工学部卒。1996年『夏と花火と私の死体』でジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、17歳でデビュー。『GOTH リストカット事件』などの作品を手がける。同作は本格ミステリ大賞受賞。

作品一覧

2017/04/14更新

ユーザーレビュー

  • 夏と花火と私の死体
    表題作ももちろん秀逸だが、おまけ的に収録されている「優子」もおすすめ。文字からひんやりとした空気感が読者を包み込む。これらを著者は十代で書いているのだから驚嘆のほかない。
  • ZOO 1
    このなかのお話しの『陽だまりの詩』がすごく好きでした。世界感もストーリーもとても美しかった。

    このあとすぐ陽だまりの詩のアニメ映画もみたんですが、読んでいてイメージしていた画像と映像がマッチしていてとても感動しました。CG作品はあまり好きではないけどこれはCGだからこそとてもいい作品になってるなと...続きを読む
  • 夏と花火と私の死体
    ○あの手この手で死体を隠す弥生・健を俯瞰で語る五月の面白さ
    中編2本収録。
    ・夏と花火と私の死体
    弥生の嫉妬によって死んでしまう五月。
    弥生は健に助けを求め、あの手この手で死体を隠そうとする。何度も見つかる場面はあるのだが、果たして隠しきれるのだろうか!?

    この物語は「私」である五月が冒頭で死んで...続きを読む
  • GOTH 夜の章
    暗鬱な雰囲気を醸し出してはいるものの、明快で読み応えのあるストーリーが魅力のGOTH。『夜の章』『僕の章』から成り、本作は前編にあたる『夜の章』。
    ライトノベル誌に掲載されながらも、
    本格ミステリ大賞を受賞したこの怪作は、読みやすさと面白さ両方を兼ね備えたミステリ入門書、と銘打っても過言ではない作品...続きを読む
  • 暗いところで待ち合わせ
    光くんがらじらーでおすすめしてたから買ってみた!
    こういうことがほんとにあったら怖いなと思うけど次第に心が開いてくのがよかった。
    読みやすくておもしろかった!

特集