きみにしか聞こえない

きみにしか聞こえない

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

主人公・相原リョウの頭の中で作り出した空想の携帯電話。電話がかかってくるはずのないその電話に、なんと着信があった!?その相手は、リョウと同じく心にさみしさを持つ男の子からの着信だった…。
待望の電子書籍化に伴い、新たに清原紘が描き下ろしたイラストを使用したカバーで登場!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川コミックス・エース
電子版発売日
2018年04月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
79MB

新刊オート購入

きみにしか聞こえない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年05月14日

    原作が好きすぎて見つけたとたん迷いなく買ってしまった漫画。
    作画の清原紘さんの絵も素敵すぎて最後泣きそうになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月26日

    「Calling You」を原作に漫画化したものですが、装丁の美しさに一目惚れして手にとったものです。絵も綺麗で読んでいてとても切なかった。「Calling You」と一緒に是非。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    原作とラストが違う感じで、またそれも良かったです。
    とにかく切ない・・・・
    絵とか漫画の構成の仕方もすごくきれいなので、原作のイメージを壊さない感じです。大好き・・・!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月19日

    目に見えない携帯電話という設定がちょっと不思議だけど、
    そんな設定もすんなり入ってくる。

    がんばってね、という言葉にこんなにも涙が出るなんて思わなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月18日

    切なくて、心があったかくなる素敵なお話でした!実は乙一さんの原作を読みたくてネットで買ったつもりが、コミックを買ってしまってました。が、結果オーライ。読んでよかった。ありえないような設定ながら、登場人物の心の機微やおかれた環境がきれいな絵で表現されており、きれいなだけに儚さもあり。すんなりと心に入っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月19日

    綺麗な絵なのがさらに切ないね。だけど、スッキリ爽やかな読後感で、最後はほっこりした気持ちになれる。原作も読んでみたいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月24日

    この物語は映画や小説もありますが、私はコミック版がイチオシです。

    三作品を比較すると、個人的にはクライマックスのシーンが特に違いを感じます。
    その中でも、一番納得できたのがこの漫画版。正直、映画版は観ててつまらなかった…(^_^;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月23日

    原作でも泣けましたが、漫画を読んだ時また涙が込み上げました。
    絵が綺麗で、雰囲気がとても合っています。
    ちょっと原作と違うところも、こちらはこちらで良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月14日

    かなり前に読んだ漫画。
    映画が観れなくて悔しかったから買った覚えが。絵が凄く美麗。
    ラストで何度も泣かされました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    どうやら映画化されたらしい(´・ω・`)
    なんとなく、ブクオフで手に取っただけです。
    乙一さんは知ってたし、見るからに絵がとっても好きだったので。

    あとは、先読みできない人間の本領発揮というか。
    そうだったのぉぉ!?的な…。
    ほんと自分、本読みながら何も考えてないなと思いました。
    途中までは淡々と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています