「百田尚樹」おすすめ作品一覧

「百田尚樹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:百田尚樹(ヒャクタナオキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年02月23日
  • 出身地:日本 / 大阪府

同志社大学法学部中退。2006年『永遠の0』で小説家としてデビュー。同作は映画化もされた。2013年『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞。『BOX!』、『モンスター』など映画化もされている多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/12更新

ユーザーレビュー

  • いい加減に目を覚まさんかい、日本人!――めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮
    ★4.8 これほど素晴らしい対談本は久しぶりだ。平和ボケしている日本、韓国・中国に歴史を捏造されても国際社会に何も発信しない日本、戦後の米国によるWGIP(War Guilt Information Program)による自虐史観教育に洗脳され続ける日本、そのWGIPに洗脳されたマスゴミ、特に酷いの...続きを読む
  • 今こそ、韓国に謝ろう
    日本人なら知っておきたい情報。鵜呑みにしなくてもいいが、真偽は自分の頭で考えて欲しい。自分達を卑下にせず、堂々と日本人として生きたい。
    同じ統治下であった台湾、フィリピンなどの東南アジアの、統治時代の日本の捉え方と180度違う韓国、この差は何なのだろう?
  • 百田尚樹 永遠の一冊
    特集とはいえ、雑誌を最初から最後まで読んだのは百田尚樹永遠の一冊 月刊Hanada セレクションが初めてです。百田尚樹作品同様に次のページをめくるワクワクが続きました。百田さんの魅力が満載です!ご家族のお話は電車の中で肩を震わせて、笑いを堪えるのが大変でした∵ゞ(≧ε≦● )プッ
  • 今こそ、韓国に謝ろう
    タイトルも含め、決して字義的に受取ることなかれ(笑)
    韓国への謝罪という体で書かれた、韓国に対する嫌味本。ひたすら低姿勢で謝罪を繰り返しているので、韓国もこう言われたら何も言い返せないのではないか。しかし、著者を知る人であれば、この文章は決して謝罪文などではなく、表面的には謝罪しつつも韓国の愚かさを...続きを読む
  • いい加減に目を覚まさんかい、日本人!――めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮
    日本国憲法はいまだに残る最大の不平等条約であるという指摘に納得。目を覚まさなくていいからいなくなってくれればいい。

特集