戦争と平和(新潮新書)

戦争と平和(新潮新書)

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本は絶対に戦争をしてはいけない。日本人ほど、戦争に向かない民族はいないのだから――。「ゼロ戦」と「グラマン」の徹底比較から見えてきた、私たちの致命的な欠点とは何か。ベストセラー『永遠の0』に秘めた、本当の想いとは。作家が「何としても戦争を回避しなければならない」という強い想いから真摯に綴った、圧倒的説得力の反戦論。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2020年05月22日
紙の本の発売
2017年08月
サイズ(目安)
3MB

戦争と平和(新潮新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月30日

    私も「君が代」を聞くと「軍靴の音が聞こえる」という人には耳鼻科、いや精神的な病を治す別の病院に行くことを勧めたい。若者には歴史を多角的に勉強して貰いたい。現実を直視することを切望する、という末尾の文が著者の意見に大賛成。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月18日

    憲法の改正について考え方が変わりました。安倍総理をはじめ閣僚はもっと声を「大」にして言いたいのだろうけど、言っちゃうと外交上色んな国とこじれてしまうのだろうな~もっと国民に本当の事を知ってもらう良い方法はないのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月15日

    日本は戦争に向いていない民族、まさにその通りだと思う。だからこそ、平和憲法があるから平和が保たれてきたと呑気なことを言っていられるのだと思う。百田さんの主張は基本、いつもと同じ。その中でも、自身の著書「永遠の0」の場面を著者自身で解説しながら主張を進めていく部分が興味深い。自身の小説を、著者自らタネ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    平和とは戦争を知らずに語れるものではない。そして戦争を知るとは実際に戦うことや空爆に遭うことではない。それをわからない自称論客が日本には多すぎる。今まで人類が様々な形で社会というものを構成してきて、平和を祈らなかった、平和でない状態を祈った時などない。しかしいつもそのような祈りは無残に打ち砕かれる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    日本にとっての戦争と平和です。おふざけはほとんどありません。大真面目な内容で私の好きな本になりました。

    抑止力と集団的自衛権について、とてもわかりやすく書いてありました。

    永遠の0に関して著者としての気持ちが書かれているところは泣けました。

    第1章は長いですが、とても後半に効いてきます。大事な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月18日

     読まなくてもいいかも。

     「永遠の0」を通して、ゼロ戦とグラマンの戦闘から見える日本軍と米軍の違いに迫る。良く知られているようにゼロ戦は他を圧倒する攻撃力と、一たび被弾すればすぐに炎上する脆弱な防御力という長短が両極端の戦闘機だ。これを著者は日本刀に例える。それに比べて米軍のグラマンはというと、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月28日

    日本人の民族性から展開される反戦論。
    平和ボケの日本人には必読と思います。

    本書では、全3章からなっており、
    第1章ではゼロ戦とグラマンの設計思想をベースに日本人の思考を明らかにし、さらに、戦争状況下の日本人の思想・行動から、日本人は戦争に向いていない民族という論旨を展開しています。
    この考え方は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月23日

    百田さんの本は様々読んだ。
    同様のテーマを扱う本を複数読んでいれば内容に目新しさこそないものの、さすが、ちゃんと「オチ」がついてくすっと笑ってしまう。

    日本の常識は世界の非常識。テレビでは決して語られない事実を知りたくなったら、手に取ってみるといいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月19日

    至極まともなことを書いておられるが、その小説といっしょでわかりやすくエンターテインメントの匂いのする言動でコテンパンに護憲派を斬って捨てるので嫌われるのでしょうね。万人にわかるように、当たり前のことを凄く単純化して書かれているので、逆に誤解されるんだろうなと感じます。
    記載されていることはほぼ既知の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月20日

    まぁ読みやすくて面白い。
    要はゼロ戦をはじめとしたアメリカとの比較論と憲法9条を中心とした「平和とは」のお話でした。
    私は好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています