永谷脩の仕事 野球人に最も愛されたスポーツライター(Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

永谷脩の仕事 野球人に最も愛されたスポーツライター(Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバー プラス))

作者名 :
通常価格 1,500円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

王貞治、権藤博、江夏豊、山田久志、東尾修といった大選手から活躍したての若手まで、多くのプロ野球人に愛されたスポーツライター永谷脩。プロ野球を中心に数多くのインタビュー分析記事を手がけたが、そんな中から特にかかわりの深かった『Number』に寄稿した珠玉の53篇を厳選。江川、落合、野茂、秋山など球史を彩った選手たちの素顔が鮮やかに浮かび上がる、プロ野球ファン必見の一冊! インタビュー傑作選 江川卓「今年こそ、やる時はやります!」、江夏豊「ワシはボロボロになるまで投げたかった」 、パ・リーグ育ちの職人たち 山田久志「120kmの快速球」、東尾修「250勝、84球完投の“芸術”」 、監督の知略、野村克也「ID野球、3年目の収穫」 仰木マジック。その10カ条、「永谷脩のNumber全仕事」ほか。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
550ページ
電子版発売日
2016年03月25日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年03月16日

53篇もあるから少しずつ。野球選手と取材者(スポーツライター)の距離感はいまと30年前でこんなに違うのかというのが第一感でした(いまのライター諸氏が意図的に表現していないだけかも知れないけど)。いずれ編者自身の「仕事」もお願いします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月21日

同時代を経験してなくてはわからない空気ってものは、どうしてもあるもので。それを知らなくても、空気を感じ取れるものと出会えることは素晴らしいけれど、やっぱり直接触れていることには勝ちえない。
そう感じさせてくれる1冊。

単純にスポーツ観戦歴のキャリアをうらやましく思うのは、こういう本を読んだ時です。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年05月09日

雑誌Numberに掲載された記事から厳選された53本を収録。筆者だからこそ取材できた選手たちの声。江夏から田中将まで、全編に渡ってプロ野球とプロ野球選手への愛が感じられます。2004年の球界再編問題に関する記事は必読。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています