野地秩嘉の一覧

「野地秩嘉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/10/08更新

ユーザーレビュー

  • スバル――ヒコーキ野郎が作ったクルマ
    歴史的背景を含めSUBARU(旧富士重工)がどのような変遷たどり現在に至るのかが非常にわかりやすくまとめてある。加えてプリンス/日産プリンスがIHIエアロスペースになったりという航空宇宙防衛に関する相関も学ぶことができる。資料/情報源として非常にわかりやすいと感じるとともに、歴史のロマンを感じられる...続きを読む
  • 新TOKYOオリンピック・パラリンピック物語
    野地さんの本は毎回ながら、普通なら日の当たらずに知ること守らなかったことにスポットを当ててくれる。
    開会式の服が何でAOKIなんだと思っていたが、創業者のオリンピックへの思いがあったとは。
    いろいろあったオリンピックだったが、この本を読むと、一部のトップ以外の多くの人々が努力をした大会だったんだと改...続きを読む
  • ニューヨーク美術案内
    日本画家千住博さんを好きになったきっかけの本。
    アートを自由に楽しんでいいのだと思わせてくれます。
    読んだあと、即旅行先をニューヨークに決めました。ニューヨークでのアート観賞が何倍も楽しくなります。
  • トヨタ物語 強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ
    トヨタは、中小企業の時から何度も倒産の危機に立ち向かってきて「このままでは潰れる」という危機感が強い。それを忘れずに見事に引き継がれている。

    トヨタ生産方式は、中間在庫を無くす事でピンと糸を張った緊張状態をつくる。不良品は流さない、異常があったらラインを止め手を打つ。
    リードタイムを短くする=仕入...続きを読む
  • トヨタ物語 強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ
    トヨタの生産方式である「カンバン方式」の成り立ちを通して、トヨタを作り上げた指導者目線の思考を学んだ。

    自ら考え、行動する。スターバックスでアルバイトをしている私にとって当たり前になってきているこの考え。この意識の大切さを改めて思い知らされた。それと共にトヨタの教育の現場に益々興味が湧いた。

    ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!