野地秩嘉の一覧

「野地秩嘉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2020/05/15更新

ユーザーレビュー

  • 成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝
    マクドナルドの実質的創業者の自伝。52歳でマクドナルド兄弟の経営する店に出会い、そのシンプルさ、綺麗さ、美味しさ、安さに惚れて全国チェーンを目指しフランチャイザーを広げていく。サプライヤーとも協力し、多くの人を億万長者にする。大胆に、素早く、人と違ったことをする、これが秘訣であるが、それを実践して徹...続きを読む
  • サービスの達人たち―おもてなしの神―(新潮文庫)
     サービス業はAIに代替されてしまうともいわれるが、本書を読むと少し考えが変わる。紹介されている人たちの仕事は決して機械に肩代わりさせることはできないし、他の人間もできない。誰にもできないサービスを提供している人たちなのだ。
     しかも紹介されている人の多くは他人のために働くことを自然に行い、苦労を苦...続きを読む
  • トヨタ物語 強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ
    トヨタ生産方式を通じて、トヨタ自動車の歴史を振り返る内容。特に喜一郎以降は指導員にフォーカスがあたっており、彼ら、そして生産方式を通じて、トヨタの現場は自分たちで考えることのできる場所に変わっていく、という流れ。

    同方式そのものへのフォーカスは多かったが、それを「どう展開するか」、そしてその結果現...続きを読む
  • トヨタ物語 強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ
    なるほどこれは実践して失敗して悩んで試行錯誤して成果を上げてその過程を振り返ってみないとトヨタ生産方式を理解できそうにないなあ。
    そしてトヨタ生産方式を目指しても良い結果は得られそうにない。結果的に「あ、これはトヨタ生産方式と同じだな」というやり方を自分で築いていきたい。

    今ではエクセレントカンパ...続きを読む
  • トヨタ物語 強さとは「自分で考え、動く現場」を育てることだ
    【トヨタは、トヨタを超えていく】今で言うところのベンチャー企業としてスタートし、今日では世界に冠たる自動車企業となったトヨタ。その代名詞とも言える「トヨタ生産方式」を軸とし、成功に到るまでの困難続きの道のりを振り返った作品です。著者は、『TOKYOオリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞を...続きを読む