「石井光太」おすすめ作品一覧

「石井光太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:石井光太(イシイコウタ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

日本大学藝術学部文芸学科卒。2005年『物乞う仏陀』でデビュー。東日本大震災を題材にした『遺体-震災、津波の果てに』が第18回 「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」で「震災・原発報道特別賞」受賞、2013年に映画化。その他作品に『世界の美しさをひとつでも多くみつけたい』、『ぼくたちは なぜ、学校へ行くのか』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/04/06更新

ユーザーレビュー

  • 「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―
    この手の事件は毎日のように報道されるので
    あまり興味がわかなかったが
    読んでみたら、興味深かった

    各家庭には各家庭の価値観があり
    各家庭では一般的なものとはズレが生じていても
    確かな愛情がある
    親側も子に子側も親に愛情がある
    子供は被害者というよりは
    ふたつのケースは事故死のような括りでいい気がし...続きを読む
  • 「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち―
    「厚木幼児餓死白骨化事件」
    「下田市嬰児連続殺害事件」
    「足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件」
    といった、3件の幼児虐待事件を扱ったノンフィクション本。

    読む前に、この本がどういうものか大体タイトルで想像がつくし、確実に子供を虐待死させた親たちへの憤りが募るだろうと思ったらそうはならなかった。
    ...続きを読む
  • 蛍の森
    家や故郷を追われたハンセン病の人たちが行く当てもなく四国遍路を延々と続ける過去があったことは知っていた。しかしそれは一般の遍路道ではない。カッタイと呼ばれ蔑まれながら人目につかないように移動したり、死体の処理など人々が嫌がる裏方仕事をすることでしのいでいかなければならなかったとは。信仰や発願成就の意...続きを読む
  • 物乞う仏陀
    著者が東南アジアから南アジアにかけての国々でホームレスのような障害者と出会ってのルポ。先天的な身体障害者、知的障害者もいれば、稼ぐために手足を切断されたような子どもたちも出てくる。子どもたちの手足をほんのいっとき稼がせるために奪い、使い捨てのように扱うようなことがこの世の中で起こっている不条理。「物...続きを読む
  • 蛍の森
    山奥の集落で起きた老人たちの失踪事件。養父の殺人未遂で服役経験のある父が関わっているのか、60年前の悲劇との関係は。
    ハンセン病患者が隔離され、差別されていた時代の患者たちの苦しみや悲しみが重い。伝染力の強い病気だと思われていたことや患者の症状が外見に出やすいこと、国の政策であったことから、本当にど...続きを読む

特集