「石井光太」おすすめ作品一覧

  • 作者名:石井光太(イシイコウタ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1977年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

日本大学藝術学部文芸学科卒。2005年『物乞う仏陀』でデビュー。東日本大震災を題材にした『遺体-震災、津波の果てに』が第18回 「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」で「震災・原発報道特別賞」受賞、2013年に映画化。その他作品に『世界の美しさをひとつでも多くみつけたい』、『ぼくたちは なぜ、学校へ行くのか』などがある。

作品一覧

2016/12/23更新

ユーザーレビュー

  • 砂漠の影絵

    イラクでの日本人人質事件を扱った社会派小説。平和ボケした日本でこそ読んでもらいたい小説。戦争とはなにか、正義とはなにか、家族とはないか、ほんとうの友情とはなにか、生きるということの意味の根源を揺さぶる熱い物語。

    Posted by ブクログ

  • 蛍の森

    単なる老人の失踪事件かと思いきや、ハンセン病の悲しい歴史が絡み読後は泣けた。ハンセン病は過去の病気でなくまだ苦しんでいる人がいる。是非読んで欲しい。文書も上手く小説としても面白い。

    Posted by ブクログ

  • 浮浪児1945-―戦争が生んだ子供たち―

    戦後70年
    特攻隊が
    原爆が
    空襲が 、、、
    戦争の凄惨さを現すものや話は多く耳にした。
    戦争そのもの(空襲等)で亡くなった人がいる分、
    生き残っている人もいる。
    そして更にその過酷な環境の中でたくさんの人が命をおとしていったという事実。その中には当然年端もいかない子供も含まれていた事実。今まであま...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集