石田ゆうすけの一覧

「石田ゆうすけ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2021/03/12更新

ユーザーレビュー

  • 自転車お宝ラーメン紀行
     1969年生まれ、旅エッセイスト、石田ゆうすけさん「自転車お宝ラーメン紀行」、2020.12発行。都内の昔ながらの中華そばを自転車で巡る話、いいですね。都内には昭和風情の古い店がたくさんあります。BS-TBSの「町中華で飲ろうぜ」や「郷愁の街角ラーメン」でお馴染みですねw。著者は、岩手県久慈市の老...続きを読む
  • 道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅
    20160110

    前著 行かずに死ねるか!を読んで、なんて文章の上手い冒険家なのかと感銘を受けていた。

    自転車で世界一周は、全く縁の無い非現実的な冒険家の話として読んだが、日本の各地を電車と自転車で旅しながら書かれた本書は、自分でも出来そうな体験記として、大変面白く読めた。

    相変わらず、文章が...続きを読む
  • 自転車お宝ラーメン紀行
    普段、見ることのない景色が見える。自転車で町を走ると意外な出会いが待っていた。




    今回の本は、旅エッセイストで、26歳から7年半かけて自転車で世界一周して、「行かずに死ねるか!」(実業之日本社/幻冬舎文庫)が13万部のベストセラーになった方が書いた。





    読んでみて、東京にはまだ知られざ...続きを読む
  • 自転車お宝ラーメン紀行
    <目次>
    第1章  終戦直後で止まった店と、ガード下の秘密基地~永代橋・浅草橋
    第2章  噺家はだしの店主と、昭和遺産店~笹塚
    第3章  商店街で最後まで残った店~雑司ヶ谷
    第4章  レトロな街で「七面鳥」を追いかけた~高円寺
    第5章  鬼子母神とバラと矢吹丈~三ノ輪
    第6章  壊ししたら、元に戻り...続きを読む
  • 道の先まで行ってやれ! 自転車で、飲んで笑って、涙する旅
    積丹半島旅行を予定していて、積丹半島のことが触れられている章があると見て、読んだ。豊浜トンネル崩落事故を初めて知り、とても勉強になった。心して通ろうと思った。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!