自転車お宝ラーメン紀行

自転車お宝ラーメン紀行

作者名 :
通常価格 1,089円 (990円+税)
紙の本 [参考] 1,210円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ラーメンで感動したい。
スープの最後の一滴まで、しみじみ旨い―
そんな「お宝ラーメン」を探し求め、
自転車乗ってあっちにふらふら、こっちにふらふら。
読めばラーメンが食べたくなること必至。
笑えて泣けて、心があったまる自転車ラーメン冒険記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
産業編集センター
掲載誌・レーベル
わたしの旅ブックス
ページ数
288ページ
電子版発売日
2021年03月12日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
12MB

自転車お宝ラーメン紀行 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月21日

    うまいラーメン屋を巡る本ではありません。
    「渋い」ラーメン屋を訪れる、いや探すとこ
    ろから始まり、やっとたどり着く紀行本です。

    「渋い」とは建物であったり、その店内部の
    雰囲気であったりと、いわゆる意識高い系ラ
    ーメン屋とは一線を画す地元に愛される店の
    ことです。

    しかも移動手段は自転車です。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月15日

     1969年生まれ、旅エッセイスト、石田ゆうすけさん「自転車お宝ラーメン紀行」、2020.12発行。都内の昔ながらの中華そばを自転車で巡る話、いいですね。都内には昭和風情の古い店がたくさんあります。BS-TBSの「町中華で飲ろうぜ」や「郷愁の街角ラーメン」でお馴染みですねw。著者は、岩手県久慈市の老...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月01日

    普段、見ることのない景色が見える。自転車で町を走ると意外な出会いが待っていた。




    今回の本は、旅エッセイストで、26歳から7年半かけて自転車で世界一周して、「行かずに死ねるか!」(実業之日本社/幻冬舎文庫)が13万部のベストセラーになった方が書いた。





    読んでみて、東京にはまだ知られざ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月01日

    自身、登山などのアウトドアが趣味なのだが、都内在住で奥多摩や丹沢の山に登るだけで早朝から丸1日の時間が必要だったりする。その一方、ジムやジョギングには楽しさを全く感じれず、半日エクササイズを実行する機会は皆無であった。そんな中、カロリー摂取はさておいて、本書で紹介されている街中華やラーメン屋訪問を目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月31日

    <目次>
    第1章  終戦直後で止まった店と、ガード下の秘密基地~永代橋・浅草橋
    第2章  噺家はだしの店主と、昭和遺産店~笹塚
    第3章  商店街で最後まで残った店~雑司ヶ谷
    第4章  レトロな街で「七面鳥」を追いかけた~高円寺
    第5章  鬼子母神とバラと矢吹丈~三ノ輪
    第6章  壊ししたら、元に戻り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

わたしの旅ブックス の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング