沢木耕太郎の一覧

「沢木耕太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:沢木耕太郎(サワキコウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年11月29日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

横浜国立大学経済学部卒。1970年『防人のブルース』でデビュー。『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。『一瞬の夏』で第1回新田次郎文学賞を受賞。作品に『バーボン・ストリート』、『深夜特急』、『キャパの十字架』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/06/30更新

ユーザーレビュー

  • 深夜特急6―南ヨーロッパ・ロンドン―(新潮文庫)【増補新版】
     読み終わってしまったことに少々衝撃を受けつつ、自らが旅をしたような満足感を得た様に感じる。
     途中、著者が旅の終わりの潮時を見つけられないのと同様に、私もこの旅が終わることを信じられなかった。
     私もこんな旅がしたい。

     全巻まとめ
     個人的に、カトマンズ辺りからトルコ辺りまではずっと、読みなが...続きを読む
  • 深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―(新潮文庫)【増補新版】
    トルコは以前から興味があり、トルコ目当てで読み始めたところがあったので、本当に楽しかったです、という小学生並みの感想になりそうですが、しっかり思い起こして書いていきたいと思います。今回は、私の今まで聞いたことのなかった地名が初めて出てきました。ペロポネソス半島という土地は、初めて聞きました。私は聖書...続きを読む
  • 深夜特急1―香港・マカオ―(新潮文庫)【増補新版】
    今の自分では知り得なかった旅を見させてくれる。めっちゃ面白かった。
    旅に出たくなる。
    この本にはまだまだ発展途上という国がたくさん出てくる。
    それに、作者が無理して良いところを絞り出そうとしていない感じがして、なお良かった。
  • 深夜特急3―インド・ネパール―(新潮文庫)【増補新版】
    インドはtoo poorでカオス過ぎる。。。
    今はきっとこの頃のような治安の悪さ、貧困さは改善されているだろうけど、、
    世界は広いなぁ
    必死に生きるインド人の表と裏、光と影、胸が締め付られるような場面もあって面白かった。
  • 深夜特急3―インド・ネパール―(新潮文庫)【増補新版】
     今作を読んで私が一番行きたくなった場所は、カトマンズである。筆者がカトマンズを訪れたタイミングは良いとは言えなかった上、逃げるように去ったように描写されていたが、どこか魅力を感じた。ハシシ中毒で死んだ青年、現実から逃げている旅人たち、その全てに生の人間らしさを感じ、生きている生々しさを感じた気がす...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!