夢ノ町本通り―ブック・エッセイ―

夢ノ町本通り―ブック・エッセイ―

1,980円 (税込)

9pt

3.6

三島由紀夫、モハメッド・アリ、向田邦子、山本周五郎……。未知の人物との遭遇が、心躍らせる物語への熱中が、いつだって私を豊かにしてくれた。幼少期から現在に至るまで、無数の本との出会いを綴る豊潤な36編。『深夜特急』の直前、26歳の時に書いた単行本未収録のエッセイ「書店という街よ、どこへ?」も初収録!

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

夢ノ町本通り―ブック・エッセイ― のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    読み応えあり。著者のすごい読書量。
    残念ながらこの中で出てくる作家の中で読んだことがあるのは向田邦子、村上春樹、カズオ・イシグロ、群ようこくらい。
    山本周五郎に沢山頁を割いてたけど、読んでないのでとばしてしまった。
    色川武大とは懇意にしてたみたいだけど、最近亡くなった
    伊集院静とは同年代だし面識なか

    0
    2023年12月03日

    Posted by ブクログ

    沢木耕太郎さんの30年にわたる数々のエッセイの中から、本にまつわるものをまとめた本。30年とはいえ、本のエッセイだけでもこの厚さ。作家でもあり読書家でもあるベースがあるからこそのボリュームだろう。

    「本を買う」の章では、大阪の天神橋筋商店街を巡った話が中心になっている。この商店街は、書店が減少して

    0
    2023年11月17日

    Posted by ブクログ

    三島由紀夫、モハメッド・アリ、向田邦子、山本周五郎……。未知の人物との遭遇が、心躍らせる物語への熱中が、いつだって私を豊かにしてくれた。幼少期から現在に至るまで、無数の本との出会いを綴る豊潤な36編。『深夜特急』の直前、26歳の時に書いた単行本未収録のエッセイ「書店という街よ、どこへ?」も初収録!

    0
    2023年10月18日

    Posted by ブクログ

    沢木耕太郎さんの読書量
    真似ができるレベルではない
    ノンフィクション作家
    私自身ノンフィクションが苦手なせいか、いつも読むのに時間がかかってしまう
    本書から学んだ多くの本
    山本周五郎を含めメモをした
    沢木さんのフィクション読んでみたい
    一冊ぐらいは書いて欲しい
    もし、既に書かれているなら紹介して欲し

    0
    2024年05月25日

    Posted by ブクログ

    私も古本屋と新刊の書店のふたつが近くに欲しい…!
    本好きの人が住める住宅街を作り、近くに本屋専門のデパートがあるといいのになと思わず夢想した。

    0
    2023年09月05日

夢ノ町本通り―ブック・エッセイ― の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング

沢木耕太郎 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す