深夜特急3―インド・ネパール―(新潮文庫)【増補新版】

深夜特急3―インド・ネパール―(新潮文庫)【増補新版】

605円 (税込)

3pt

風に吹かれ、水に流され、偶然に身をゆだねる旅。そうやって〈私〉はマレー半島を経て、やっとインドに辿り着いた。カルカッタでは路上で突然物乞いに足首をつかまれ、ブッダガヤでは最下層の子供たちとの共同生活を体験した。ベナレスでは街中で日々演じられる生と死のドラマを眺め続けた。そんな日々を過ごすうちに、〈私〉は自分の中の何かから一つ、また一つと自由になっていくのだった。此経啓助氏との対談「十年の後に」を収録。「あの旅をめぐるエッセイIII 仏陀のラーメン」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年八月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

深夜特急 のシリーズ作品

1~6巻配信中 1巻へ 最新刊へ
1~6件目 / 6件
  • 深夜特急1―香港・マカオ―(新潮文庫)【増補新版】
    605円 (税込)
    インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行ってみたい――。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは、「大小(タイスウ)」というサイコロ博奕に魅せられ、あわや……。一年以上にわたるユーラシア放浪の旅が今、幕を開けた。いざ、遠路二万キロ彼方のロンドンへ! 山口文憲氏との対談「出発の年齢」を収録。「あの旅をめぐるエッセイI 孤寒」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年七月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。
  • 深夜特急2―マレー半島・シンガポール―(新潮文庫)【増補新版】
    605円 (税込)
    香港・マカオに別れを告げてバンコクへと飛んだものの、どこをどう歩いても、バンコクの街も人々も、なぜか自分の中に響いてこない。〈私〉は香港で感じたあの熱気を期待しながら、鉄道でマレー半島を南下し、一路シンガポールへと向かった。途中、ペナンで娼婦の館に滞在し、女たちの屈託のない陽気さに巻き込まれたり、シンガポールの街をぶらつくうちに〈私〉はやっと気がつくのだった――。「あの旅をめぐるエッセイII コロッケと豆腐と人魚」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年七月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。高倉健氏との対談「死に場所を見つける」は収録しておりません。
  • 深夜特急3―インド・ネパール―(新潮文庫)【増補新版】
    605円 (税込)
    風に吹かれ、水に流され、偶然に身をゆだねる旅。そうやって〈私〉はマレー半島を経て、やっとインドに辿り着いた。カルカッタでは路上で突然物乞いに足首をつかまれ、ブッダガヤでは最下層の子供たちとの共同生活を体験した。ベナレスでは街中で日々演じられる生と死のドラマを眺め続けた。そんな日々を過ごすうちに、〈私〉は自分の中の何かから一つ、また一つと自由になっていくのだった。此経啓助氏との対談「十年の後に」を収録。「あの旅をめぐるエッセイIII 仏陀のラーメン」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年八月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。
  • 深夜特急4―シルクロード―(新潮文庫)【増補新版】
    605円 (税込)
    パキスタンの長距離バスは、凄まじかった。道の真ん中を猛スピードで突っ走り、対向車と肝試しのチキン・レースを展開する。そんなクレイジー・エクスプレスで、〈私〉はシルクロードを一路西へと向かった。カブールではヒッピー宿の客引きをしたり、テヘランではなつかしい人との再会を果たしたり。〈私〉は冬の訪れを怖れつつ、前へ前へと進むことに快感のようなものを覚えはじめていた――。今福龍太氏との対談「終わりなき旅の途上で」を収録。「あの旅をめぐるエッセイIV 秋の果実」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年八月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。
  • 深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―(新潮文庫)【増補新版】
    649円 (税込)
    アンカラで〈私〉は一人のトルコ人女性を訪ね、東京から預かってきたものを渡すことができた。イスタンブールの街角では熊をけしかけられ、ギリシャの田舎町では路上ですれ違った男にパーティーに誘われて……。ふと気がつくと、あまたの出会いと別れを繰り返した旅も、いつのまにか「壮年期」にさしかかり、〈私〉はこの旅をいつ、どのように終えればよいのか、考えるようになっていた――。高田宏氏との対談「旅を生き、旅を書く」を収録。「あの旅をめぐるエッセイV 書物の漂流」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年九月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。
  • 深夜特急6―南ヨーロッパ・ロンドン―(新潮文庫)【増補新版】
    649円 (税込)
    イタリアからスペインへと回った〈私〉は、ポルトガルの果ての岬サグレスで、ようやく「旅の終り」の汐どきを摑まえた。パリで数週間を過ごしたあとロンドンに向かい、日本への電報を打ちに中央郵便局へと出かけるのだが――。Being on the road――ひとつの旅の終りは、新しい旅の始まりなのかもしれない。旅を愛するすべての人々に贈る、永遠の「旅のバイブル」全6巻、ここに堂々の完結! 井上陽水氏との対談「森の少女とカジノの男」を収録。「あの旅をめぐるエッセイVI 恐れずに」「あの旅をめぐるエッセイVII 若い旅人たちへ」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年九月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。

※期間限定無料版、予約作品はカートに入りません

深夜特急3―インド・ネパール―(新潮文庫)【増補新版】 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    インドーネパールーインドの旅。
    ネパールは雨が多く、どんよりした気候なのが印象的。熱を出したり体調を崩しても献身的なインド人は、とても親切で優しい印象を持った。

    0
    2024年05月12日

    Posted by ブクログ

    1巻を読み「めっちゃおもしろいな」となり
    2巻で「1巻よりおもしろいな」、3巻で「いままでで一番おもしろいな」で加速度的におもしろさが増しています。
    単純に旅行記としてのおもしろさだけではなく、人の根源に関わるものを見せてもらえたことに心が湧き立つのを感じます。

    0
    2024年05月11日

    Posted by ブクログ

    インドへの憧れはずっと持ってはいるが、どうしても胃の弱さやトコジラミだとかが障壁で行くという選択肢を失っていた。これまでもそうだが、沢木さんの大胆な行動力と率直なレポートにより現地を体験することができて面白かった。
    インド・ネパール編はあまりにも強烈だった。カルカッタの売春宿や物乞いからロケットスタ

    0
    2024年04月06日

    Posted by ブクログ

    バックパッカーのバイブル的な本。
    インドから帰国後に読んだ。
    自分が実際に見て感じたインドはほんの表面に過ぎないことを感じる。
    インドのリアルが上手く言語化されている。
    それなりに昔の本なのだろうけど、インドの現状はそんなに変わっていないかな?
    面白くてあっという間に読破。

    0
    2023年12月13日

    Posted by ブクログ

    やっとインドへ辿り着きます
    香港とは比べものにならない程、刺激的なインドの姿に衝撃を受けました
    貧困のすさまじさ、身分制度の過酷さ、生きることの困難さ

    カルカッタでは
    厚顔のインド人、ネズミ達の乱痴気騒ぎ、闇ドル買い、8歳の少女の売春、停電、野生の雄牛、列車の席のとり方、驚くほど根気がよくなった交

    0
    2023年07月09日

    Posted by ブクログ

    自分も旅したインドのことが書かれている3巻はやっぱり大好きだ。
    カルカッタやベナレスの描写は、自分の思い出と共に感じることができて夢中になって読んだ。

    インディアンビジネスというか、インドでの交渉に関して、著者はだいぶ粘るなぁと感心。
    なかなかサバイバルな旅をしていて、もう一度インドに行ってみたい

    0
    2023年05月14日

    Posted by ブクログ

    深夜特急のハイライト、インド編。この一冊を読めば、インドの魅力と刺激と暑さと混沌に憧れること間違いなし。

    0
    2022年11月18日

    Posted by ブクログ

    文庫版第2集のインドシナ半島でやや失速した沢木耕太郎の「深夜特急」の旅であるが、この第3集でインド・カルカッタに到着し、活気を取り戻す。私自身は、インドはムンバイに1度だけ、それも出張で豪華なホテルに2泊しただけなので、インドについては、何も知らないのと同じであるが、少しだけ街歩きに案内してもらい、

    0
    2022年10月12日

    Posted by ブクログ

    バックパックを背負ってインドへ行き、色々な出来事に遭遇し、トラブルも続き、なんとか帰国してから読んだら、感慨深かった。

    0
    2022年08月22日

    Posted by ブクログ

    インドはtoo poorでカオス過ぎる。。。
    今はきっとこの頃のような治安の悪さ、貧困さは改善されているだろうけど、、
    世界は広いなぁ
    必死に生きるインド人の表と裏、光と影、胸が締め付られるような場面もあって面白かった。

    0
    2022年06月07日

深夜特急3―インド・ネパール―(新潮文庫)【増補新版】 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新潮文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング

沢木耕太郎 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す