小林よしのりの一覧

「小林よしのり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小林よしのり(コバヤシヨシノリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1953年08月31日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:マンガ家

福岡大学人文学部フランス語学科卒。1976年『ああ勉強一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』が第34回小学館漫画賞を受賞、TVアニメ化もされた。その他作品に『東大一直線』、『ゴーマニズム宣言』、『異能戦士』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 慰安婦
    日韓の慰安婦問題について、過去のゴーマニズム宣言などから議論を振り返り、未来につなげようとする、極めて中道な一冊。

    慰安婦問題が戦後数十年も過ぎてから唐突に現れて、中途半端な日本の対応と韓国の行き過ぎた反日があり、日韓合意も宙ぶらりんとなっている。強制連行から軍の関与の有無、それがいつの間に女性の...続きを読む
  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第二部 愛国志士、決起ス 上巻
  • 小林よしのりの異常天才図鑑

    これは笑える

    80年代の作品で若い衆には通じにくいところもあるかもしれないし作画がアレだけど小林よしのりと言ったらこういうギャグだろう。
  • 卑怯者の島 戦後70年特別企画
    素晴らしいです。

    特に主張やイデオロギーを語るわけではなく、淡々と戦争という異常な状況を描き出す。

    戦場の酷さだけでなく、敗戦後に日本に戻ったときの「どうやら戦地に行った我々は悪者になったらしい。」というセリフは、身につまされた。実際にそうだったのだ。日本人はそれを戦後やったのだ。仮に自分が戦争...続きを読む
  • 新ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
    「台湾人と日本精神」を読んで、その繋がりで読んでみました。台湾の成り立ちはもとより、現代の台湾事情まで網羅した内容はとても勉強になりました。
    ずいぶん以前から八田與一、後藤新平、飛虎将軍廟など台湾の発展に尽力した日本人の足跡を辿る旅行をして見たいと考えて来ましたが、本書を読んで行きたい気持ちが強くな...続きを読む