「小林よしのり」おすすめ作品一覧

「小林よしのり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小林よしのり(コバヤシヨシノリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1953年08月31日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:マンガ家

福岡大学人文学部フランス語学科卒。1976年『ああ勉強一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』が第34回小学館漫画賞を受賞、TVアニメ化もされた。その他作品に『東大一直線』、『ゴーマニズム宣言』、『異能戦士』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/18更新

ユーザーレビュー

  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第三部 明治日本を作った男達 上巻
    圧倒的なスケールに引き摺られて一気読み。やっぱり明治維新も明治という時代も美化され過ぎているが、国を思う気持ちは本物。早く続きを読みたい。
  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第三部 明治日本を作った男達 下巻
    圧倒的なスケールに引き摺られて一気読み。やっぱり明治維新も明治という時代も美化され過ぎているが、国を思う気持ちは本物。早く続きを読みたい。
  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論平成29年~増補改訂版~ 上巻

    潔い

    人間は変わるもの。
    ただ、状況の変化にキチンと向き合い、冷静に分析し、その変化を論理的に説明することはなかなかできないものです。
    本書は、前書を書き直すという形のものですが、その変化の過程にもページを割いており、潔さを感じました。前書と読み比べると尚面白いです。
  • ザ・議論! 「リベラルVS保守」究極対決
    『憲法の涙』を読んで面白かったので読んでみる。
    第3部の憲法9条の話は『憲法の涙』とかぶるので第1部天皇制、第2部歴史認識での井上論が興味深かった。

    議論、究極対決というほどでなく、井上論に小林さんがなるほどって感じ。
    法哲学者って難しいこと言い出したら理解できないな、みたいなところがチラホラ。
    ...続きを読む
  • ザ・議論! 「リベラルVS保守」究極対決
    小林よしのりさん(保守)と井上達夫さん(リベラル)の対談本です。この本では憲法9条、慰安婦問題、戦争、天皇等について議論されているのですがお互い、時に仲間であろう保守とリベラル陣営からもぼろくそに批判されるとの事で、はっきりと主張が割れた部分ってそんなに無い様に感じました。
    第二弾、第三弾もやって欲...続きを読む

特集