「小林よしのり」おすすめ作品一覧

「小林よしのり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小林よしのり(コバヤシヨシノリ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1953年08月31日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:マンガ家

福岡大学人文学部フランス語学科卒。1976年『ああ勉強一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』が第34回小学館漫画賞を受賞、TVアニメ化もされた。その他作品に『東大一直線』、『ゴーマニズム宣言』、『異能戦士』などがある。

作品一覧

2018/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論 1
    もちろんその論調に全面的に合意できるものではないし、ナルシスティックに戦争美化する点などは嫌悪もする。ただ、このエネルギーと取材の綿密さはどうだ。戦後間もなくのブラジル移民コミュにおける勝ち組負け組の一連のルポを現代のリテラシーや国民分断の論へと繋げるセンスなんざ、巷のありふれた評論などはかすんでし...続きを読む
  • 日本人なら知っておきたい天皇論
    やっと読み終わった。話の大筋は賛成。このままでは2000年の伝統が途絶えてしまうこと、それを一番心配しているのは天皇陛下であることをもう一度国民の間で考え直す必要があるでしょう。
  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論
    とてつもなく、深い。
    西部氏が自裁という形を選んで、その直後だからかもしれないが、小林氏も同じ覚悟を持っているのではないかと推察してしまう。
    そして(本質的な感想ではないのだが)、「日本は今も八つ墓村」での描き方からは、氏が本当に繊細で細やかな心配りをしていることがうかがわれる。
  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 新戦争論 1
    失礼な言い方だけど、すごく勉強してますね。
    あらためて感じました。もう一度じっくり読んで自分ももっと勉強します。
  • ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論第三部 明治日本を作った男達 上巻
    圧倒的なスケールに引き摺られて一気読み。やっぱり明治維新も明治という時代も美化され過ぎているが、国を思う気持ちは本物。早く続きを読みたい。

特集