コロナ脳 ~日本人はデマに殺される ~(小学館新書)

コロナ脳 ~日本人はデマに殺される ~(小学館新書)

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

これがテレビでカットされたコロナの真実だ。

テレビでは連日、専門家と称する者たちが登場し、「コロナは怖い、コロナは怖い」と煽っている。

メディアに洗脳された人々は、「自由」の尊さを忘れ、自ら緊急事態宣言を求めるまでになってしまった。

そして、政治家は経済を止め、失業者、自殺者が急増。日本は没落へと進んでいるーー。

新型コロナ発生から1年たち、その正体も少しずつ見えてきた。新型コロナが「インフルエンザより怖くない」ことを示すデータも出てきている。それなのになぜ、政府は経済を止め、自由を制限し、人々を苦しめるのか。さらに、多くの人がそれを歓迎するのはなぜなのか。

漫画家の小林よしのり氏と、ウイルス学者の宮沢孝幸・京大准教授が、「コロナ全体主義」の世にNOを突きつけ、新型コロナの嘘を暴く!

(底本 2021年4月発行作品)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館新書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2021年04月01日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
3MB

コロナ脳 ~日本人はデマに殺される ~(小学館新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    マスコミ以外の情報入手の一環

    cookbook 2021年04月14日

    新聞やテレビでは埋もれている考え方に触れられるというだけでも本書は貴重。もちろん他の情報ソースからも情報を取った上で総合的に判断する必要はあるが、概ね本書の主張は理性的であると感じた。対談形式でわかりやすく読みやすいのも良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    毎日目にする新型コロナ対する
    TVの煽り具合に嫌気がさしてきた。
    「緊急事態宣言を早く!」ってせかす
    報道しておきながら、でたらでたで
    対応に困っている飲食店とか経済困窮者を
    報道したり…道で飲んでる人たちを
    撮影してみたり。

    真実をしらないからコロナが
    怖いんだと思ったのと
    辛坊二郎さんのラジオ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月02日

    読みました。
    文字起こししたのを読んでも、宮沢先生の表現には笑ってしまいます。
    …しかし、ほんとこの辺で今一度冷静にコロナのリスク度合いを相対的に評価し直すべきかもしれませんね。その点は、先日読んだ木村盛世さんの主張とも通じると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています