9条は戦争条項になった

9条は戦争条項になった

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※この作品には販売期限があります。
2020年09月30日を過ぎると販売を終了致します。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

集団的自衛権の行使を容認する安保法制が成立し、憲法9条は戦争条項となった。立憲主義がないがしろにされるなか、国民はここからどこに向かうべきか。議論と覚悟なくして従米から逃れる道はないと説く警告の書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2015年12月10日
紙の本の発売
2015年12月
サイズ(目安)
1MB

9条は戦争条項になった のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年12月22日

    ほぼ同意。日本は主権をアメリカから取り戻して、アメリカの要請を拒否できるようにしないといけない。それにはやはり自分の国は自分で守るための自前の軍隊が必要でしょう。民主主義と軍隊が切り離せないのもまさにその通り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月11日

    今や保守の論客として有名な小林よしのりによる、憲法および日本国の在り方について解いた一冊。

    決して対米追従ではない彼自身の思想にとても共感できた。
    また、内容によって自民党に賛成だったり反対だったり(むしろ反安倍色が強い)、単なる保守ではない彼の多面性を知ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています