ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い
  • 完結

ゴーマニズム宣言SPECIAL 民主主義という病い

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

民主主義は、戦争と独裁者がお好き。
332ページ完全描き下ろし。この1冊で〈知の富裕層〉として勝ち残れ!

Q:民主主義とは、簡単に言うと次のどれでしょう?
1イデオロギー 2単なる制度 3宗教
4世界共通のすばらしい価値観 正解は本書で!


あなたが民主主義で決めたから、
日本はこんな国になったのですか?

デモでどれほど「民主主義を守れ! 」と絶叫しても世の中は変わらない。そもそも知識人すら民主主義が何なのかわかっていないからだ。国民の多くも挙手で多数決する「学級民主主義」しか知らない。そこで「民主主義生みの親」とされるフランス革命から説き起こしてその幻を葬【ルビ:ほうむ】り、さらに2000年遡って古代ギリシアの民主主義の原点に思いを馳せる。一方、日本の飛鳥時代すでにその萌芽【ルビ:ほうが】を見て、大正時代に大きく花開いた思想の核心を解説。西洋とは根本的に異なる日本独自の「公」の意識の存在を明らかにし、「戦後GHQが民主主義を教えてくれた」という誤謬【ルビ:ごびゅう】を糺【ルビ:ただ】す。ドイツでヒトラーが登場したのも、日本が大東亜戦争に踏み切ったのもみんな民主主義のせい。戦後71年、日本人がいまだ解っていない秘密の広場「民主主義」の扉がいま開かれる!

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2016年05月25日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年09月11日

分量的にはものが物足りないが、なるほど民主主義というものが現代において如何に機能しないかがわかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月21日

民主主義を皆過大評価しているのか都合よく解釈しているのか。自分の意見と違うと民主主義じゃないという馬鹿が日本からいなくなることを願う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月18日

保守として有名な小林よしのりが、民主主義とは何かということを解説した一冊。

当然ながら「民主主義万歳」という内容ではなく、民主主義は衆愚政治に陥る危険性があり、その維持には自由と責任が伴うということ。
とかく批判されがちな著者だが、その言説は一貫しており、説得力があった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月01日

近代民主主義が生まれたフランスに小林よしのり氏一行が旅行をしながら、民主主義について解説していくという流れになっている。最近の一部の若者が声を荒げて「民主主義ってなんだ?」と国会前でデモをしているが、その若者たちに「これだ」と差し出してあげたい。もちろん。本代はいただくが(笑)。王でも、貴族でも、市...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月04日

小林よしのりの本を読むのは久しぶりだ。

本書はフランスに行って民主主義とフランス料理について考えたもの。
SEALSなどの学生運動で「民主主義」を守れ、と叫んでいるのが、我慢ならなかったのだろう。かつて、エイズ薬害問題で運動を主導する形になり、その後参加した若者たちに活動をやめて日常に帰れと叫んだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play