沼田まほかるの一覧

「沼田まほかる」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:沼田まほかる(ヌマタマホカル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1948年
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

2005年『九月が永遠に続けば』でデビュー。『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞。『彼女がその名を知らない鳥たち』、『猫鳴り』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/01/09更新

ユーザーレビュー

  • ユリゴコロ
    自分を生んだ母が連続殺人鬼だった。
    古びたノートに記された母の秘密。
    本当の母を探すとともに、明らかにされていく
    様々な過去。

    沼田さんの作品、これが1冊目。
    どんどん先に読み進めたくなる。
    お気に入り。
  • ユリゴコロ
    ユリゴコロとは作中犯人による造語

    歪んだユリゴコロに突き動かされて人を殺す心情は、共感と程遠いはずなのに、自分もよく知ったもののように感じられる。

    気味の悪さに惹かれながら前半を読んだけれど、読み終わりは犯人への愛着、というのか、単なる大量殺人犯として切り捨てられない、かといって許せない、複雑...続きを読む
  • ユリゴコロ
    読み終わったあと、モヤモヤとスッキリが入り混じった複雑な感情になる。そして、もう一度読み返したくなる。
  • 猫鳴り
    モンの茶色い毛玉姿は
    常に先へ先へと 人をいざない
    怖くないよ 辛くないよ
    と道を知らしめてくれているかのよう
    猫には 確かにそんな優しさを感じます
    これを書ききった 沼田先生は
    力強く 優しく 本当に素晴らしい
    そして涙があふれて止まらない作品でした
    読んでよかったです
  • ユリゴコロ
    友達から勧められて読んだ作品。
    ただの殺人鬼の話ではなく、家族の繋がりを感じる話で、主人公を守ろうと罪を共有する家族の決意に家族とはなんだろうかと考えさせられた。
    最後に大切なひとを守るための殺人が行われたのに気がついたとき、殺人という許されない行為に対して、この人にとって最大の愛の表現であり、この...続きを読む