「沼田まほかる」おすすめ作品一覧

「沼田まほかる」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:沼田まほかる(ヌマタマホカル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1948年
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

2005年『九月が永遠に続けば』でデビュー。『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞。『彼女がその名を知らない鳥たち』、『猫鳴り』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • ユリゴコロ
    ユリゴコロの映画公開前に再読。2011年第1次の沼田まほかるブームの時に、独特の世界観にて人間の愛情を描いた作品に惹きつけられた。「彼女がその名を知らない鳥たち」「九月が永遠に続けば」もぜひ読んで欲しい。映画の評価も高く、第2次まほかるブーム再来は必至‼︎
  • ユリゴコロ
    読み始めは、「猟奇的な殺人ものかな?」と思ったけど、全然違った。心を病み、殺人に取りつかれた女と、暗い影を持ちながらも彼女を懸命に支え、ささやかな家庭を築く男の、不完全であっても深い愛の物語。過去のシーンは暗く陰鬱な雰囲気で物語られるが、息子が生きる現代は少し明るさを持って描写され、そのバランスがと...続きを読む
  • ユリゴコロ
    前半は狂気に満ちた殺人の告白に震え、後半はあまりにも深い母の愛を感じずにはいられなかった傑作。

    全くの他人として、息子に寄り添い、自分の持てる最大の力をもって、押し付けがましくならないように力になる。
    彼女がしたことは、息子の殺人の代行だけではなく、息子の日々の安寧を守るという、人を殺すよりもおそ...続きを読む
  • 九月が永遠に続けば
    【あらすじ】
    高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか――。人の心の底まで続く深い闇...続きを読む
  • ユリゴコロ
    【あらすじ】
    ある一家で見つかった「ユリゴコロ」と題された4冊のノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。この一家の過去にいったい何があったのか―。絶望的な暗黒の世界から一転、深い愛へと辿り着くラストまで、ページを繰る手が止まらない衝撃の恋愛ミステリー!

    【感想】

特集