「沼田まほかる」おすすめ作品一覧

「沼田まほかる」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:沼田まほかる(ヌマタマホカル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1948年
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:作家

2005年『九月が永遠に続けば』でデビュー。『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞。『彼女がその名を知らない鳥たち』、『猫鳴り』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 彼女がその名を知らない鳥たち
    すごい小説だった。嫌悪感、苦しさ、切なさ、痛さ、怒り、憎しみ。負の感情を起こさせるのに、この圧倒的なラスト。帯にもあったとおり、これは恋愛小説だ。
  • ユリゴコロ
    目を瞑るのが怖くて鳥肌が立つほど怖い女性だったのに、いつのまにか愛情深い物語に変わっていた。自分の最期は自分で選んで幸せに逝きたいと思えた話だった。よくこんな話が思いつくなと思った。今後も注目していきたい作家さんだ。
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
    1番自分の事を想い、大事にしてくれる、大事にしなければならない人について幾度も涙した。日常に埋もれて見失った時に、何度も読み返したいと思えた。数ある中の大切な小説になったのは間違いない。
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
    人間臭いミステリー
    登場人物がみんなどっか壊れてて、でもそれは誰でも持っている部分が突出しているだけで…
    沼田まほかるさんの御歳(70歳)を知れば納得のミステリー。

    恋に傷付いて屍のように暮らす十和子。
    そんな十和子と暮らす、汚くて貧相で下品で地位も何もない陣治。
    「妻とは別れるから」と十和子を弄...続きを読む
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
    映画を見て、壊せそうで危なくて蒼井優に打たれ、慌てて原作を読み、臭いそうな状況描写と切なく息が詰まりそうになる心情の儚さ脆さ危うさに、二度目の映画鑑賞。今度は阿部サダヲに釘付けに!原作も映画も素晴らしく、何十年振りにパンフレットを購入しました。

特集