ユリゴコロ

ユリゴコロ

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
紙の本 [参考] 701円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある一家で見つかった「ユリゴコロ」と題されたノート。それは殺人に取り憑かれた人間の生々しい告白文だった。この一家の過去にいったい何があったのか? 絶望的な暗黒の世界から一転、深い愛へと辿り着くラストまで、ページを繰る手が止まらない衝撃の恋愛ミステリー! まほかるブームを生んだ超話題作、ついに文庫化!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2014年06月24日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

突然の不幸が次々と家族を襲うさなか、実家の押入れから発見された「ユリゴコロ」というタイトルの奇妙なノート。そこに書かれた「殺人鬼の半生」は一体誰のものなのか。それが判明する時、彼の現実も動き出す…!
「ユリゴコロ」というノートに綴られた殺人の記憶は、目を覆いたくなるほど残酷で、全くもって共感しがたい。しかしその柔らかな文体からは、どことなく人間に対する不器用な愛情らしきものを感じてしまう。
作品自体が小説であるのに、作中でも「書かれていることが真実だという直観から逃れらなかった」と述べられているように、このノートの内容はフィクションの類ではなく、本物の手記なのでは?と思えてしまう。その表現力は圧巻。
後味の悪いミステリー「イヤミス」に挙げられる作品だが、不思議と人間の暖かさが余韻に残る作品です。

ユリゴコロ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    けっこうグロい…更に映画はリアリティーがあってかなりグロい。
    でも面白かったです。
    グロい中に切なさがある感じです。
    映画のために書き下ろされたRihwaの『ミチシルベ』がまたすごくいい❕
    切なくなってしまいます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    凄い好き

    日記で語られる感情、殺人部分。
    自分は途中の殺人シーンと最後で2度満足した。

    人を殺すという事を介した純愛。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    狂気的、猟奇的な刺激を
    求める人には良いですね。

    家族って血縁関係なのでしょうか。
    それ以上の絆ってないのでしょうか。
    この世は曖昧を嫌う一方で、
    例外を認めたがるんですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    裏表紙に書いてえる通り、最初は、気味が悪くなるほど残酷な描写で、辛かったが、細谷さんの登場から何となくこうだろうなぁと言う方向に向かって行ってくれて、最後は気持ちの温まる終わり方で良かった。

    だから星5個にした。

    やはり最後はハッピーな話の方が良いね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    愛のかたち

    あまれろ 2016年01月11日

    歪んで、割れて、裂けて、それでもなお愛おしい。
    そんな夫婦の話。

    序盤の手記の不気味さは主人公同様、待つことができないくらい続きを読みたくなりました。

    強烈に惹かれ合う罪、自ら乞う罰、巡り合ってしまったものは仕方がない。
    読み終わったあとにもう一度読みたくなります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月16日

    映画で知った。
    映画だと、なんとなく矛盾してるところが、
    小説だとしっくりしたよー。
    でも、映画のダムのシーンは好きだった。

    描写が怖いなーって感じるところもあったけど、
    全体的に読んで、私は柔らかい印象だったな。
    すごく読みやすかった。

    私にとっての「アナタ」という表現は、
    なんとも言えない気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月05日

    殺人鬼の話でこんなにほっこりした気分になってしまうのが不思議。
    日記も美しかった。
    この作風好きかも。

    彼女がその名を〜は読んだことがあり、この作者は2作目なんだけど、wiki見て年齢、経歴に驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    冒頭エグかったので身構えたのですが、最後アッとなりました。
    静かなハッピーエンドだと感じました。
    読後感よかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月20日

    最後まで、油断のできない作品だった。
    序盤のサイコキラーの独白部分からは想像できないほど、穏やかな気分で読み終えられた。
    残された謎の不穏さと、たしかにハッピーエンドに向かっている展開とのバランスで、かなり高揚させられる。
    もしかすると次のページでは、この展開が崩壊してるのではないか、そんな不安で読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月01日

    面白かった。
    アウトサイドの人間にも、人間の心があってその心の動きに、なぜだか共感させられてしまう。

    いろんな人の心の中に秘めている家族愛があって、じんとくるものがあった。
    でもどうしようもなく愛で繋がった男女程尊いものはないのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ユリゴコロ に関連する特集・キャンペーン