西村京太郎の一覧

「西村京太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:西村京太郎(ニシムラキョウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1930年09月06日
  • 出身地:日本
  • 職業:作家

東京都立電機工業学校卒。『寝台特急殺人事件』、『天使の傷痕』、『終着駅殺人事件』など数えきれないほどの作品を手がける。多くの作品はテレビドラマ化や映画化され、大変有名である。受賞歴も数知れず。日本推理作家協会賞や江戸川乱歩賞の選考委員歴もある。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/06/10更新

ユーザーレビュー

  • 北帰行殺人事件~ミリオンセラー・シリーズ~
    書かれている北海道の列車が、初めて渡道した頃のものだからか、沢山の西村京太郎作品の中でも大好きな一冊。結末がわかってるのに何度も読んでしまうのはなぜですかね?
  • 山形新幹線「つばさ」殺人事件

    😖解らん!

    不可解な行方不明からバラバラ死体発見となって、十津川警部達の必死の捜査があり、最後の犯人の自殺?でなんとなく納得しなくて?まさかの最悪の結果になり殺された人達の何故(?_?)自分が!痛み感じる複雑怪奇な小説でした!
  • 終着駅(ターミナル)殺人事件~ミリオンセラー・シリーズ~
    西村京太郎はトリックの論理性以上に小説としての切れ味を大切にしている。なるほどな、と。西村京太郎は50冊程読んだが今のところ一番面白くて最後の最後まで衝撃的だった。
  • 十津川警部 特急リバティ会津111号のアリバイ
    西村京太郎さんが亡くなって読みました。私は十津川警部はドラマ渡瀬恒彦さんが演じるのが好きです。アリバイと最後はなるほどと思いました。小説は最後がいつも逮捕で終わるのが残念。なぜ殺したのかが犯人から聞けないのがドラマとの違い。
  • 汚染海域
    著者の作品としては考えさせられる
    すごくグッとくる作品です。

    人は権力、組織に弱いということ
    そしてたとえそれが「おかしい」と思っても
    巨大な組織の「そうでない」で事実は霞んでしまうのです。

    一人の少女の自殺から始まった事件。
    そこに絡んでいたのは明らかに不都合な事実を隠す
    巨大コンツェルンの姿...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!