新装版 殺しの双曲線

新装版 殺しの双曲線

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

差出人不詳の、東北の山荘への招待状が、六名の男女に届けられた。しかし、深い雪に囲まれた山荘は、彼らの到着後、交通も連絡手段も途絶した陸の孤島と化す。そして、そこで巻き起こる連続殺人。クリスティの『そして誰もいなくなった』に挑戦した、本格ミステリー。西村京太郎初期作品中、屈指の名作! (講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
488ページ
電子版発売日
2012年09月28日
紙の本の発売
2012年08月
サイズ(目安)
1MB

新装版 殺しの双曲線 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年12月09日

    「この小説のトリックは双生児であることを利用したものです」となんと表紙に書いてあるのよ。さらに裏には「そして誰もいなくなった」のオマージュって書いてあるのよ。となると犯人は推理できたのだけど、推理できた=かなり本家に忠実ということ。おびき寄せられて東北の山荘に閉じ込められた男女。続々と続く殺人。一方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月13日

    しっかり騙された、途中で「そういうトリックね」と気付くのに、それもまた遊ばれている途中だった。悲しいことに彼女の死が唯一の救い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月28日

    西村京太郎さん=十津川警部のイメージしかなかったけれど、孤立したホテルを舞台にしたミステリー(えぇ、大好物です 笑)と、双子を使ったトリックが絡んですごい面白かった!

    途中まで全く違う事件が同時に進んでいって、これ最後まで繋がらなかったらどうする?!と思った(そんな訳ないんだが)けれど、途中からそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月09日

    西村京太郎先生の最高傑作‼︎
    アガサ・クリスティー著「そして誰もいなくなった」をオマージュした本作品。
    本当に面白かったです。

    冒頭に「本作品のメイントリックは双生児を用いている」と書かれていて、読者に対して完全フェアな作品です。
    かなり挑戦的ですね(笑)

    本作品の最大の見所は、犯人の用意周到な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月31日

    「そして誰もいなくなった」のオマージュ。双子トリックと堂々名言した作品。
    閉ざされた雪山荘の惨劇と東京の強盗事件。まったく接点がないようにみえる二つの事件がどう交わるのか…
    これが最強の犯人と言われる所以か。トリック。計画性。実際すごいことをやってのけているし、よく考えたなぁ作者。

    双子トリックは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月30日

    トラベルミステリー、時刻表と有名な警部ものしか書いていないという盛大な勘違いをしていました。
    同様の方にはぜひともお薦めしたいです。
    もったいない。

    凄みのある一作。
    アガサクリスティーの「そして誰もいなくなった」のオマージュです。
    冒頭でメイントリックにはっきり言及しているのにも関わらず、最後ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月12日

    「殺しの双曲線」
    東北の山荘を舞台にした殺人劇。


    西村京太郎。日本中にトラベルミステリーというジャンルを示すきっかけとなったヒット作「寝台特急殺人事件」から全面的にトラベルミステリーに移行したこともあり、西村京太郎=トラベルミステリーのイメージがかなり強くありました。


    そんな中、本作はトラベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月29日

    2つの場所で起こった事件がどうつながるのか?
    始めに著者から「双子であることを利用したトリックである」とメッセージがあるので、推理しながら読んだ。
    動機や動機のヒントとなるものの意味などは分かったが、真相は分からなかった。
    読みごたえもあり、楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月17日

    これは面白かったです。十津川シリーズのイメージが強すぎて、単なる濫発作家かと思ってました。リーダビリティの高さとミステリとしての面白さが両立されていて、一気呵成に読破してしまいました。何となくボヤッとはトリックも見えてたし、そこまでビックリ仰天な展開・結末ではなかったけど、オマージュとする”そして誰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    時代背景は当然古いんだけど書き方が古臭く無いのですらすらと読める。
    その上一見何の関係もなさそうな事件が同時進行で進んでいき、この二つがどう絡んでいくのか続きが気になってどんどん読み進めてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています