彼女がその名を知らない鳥たち

彼女がその名を知らない鳥たち

作者名 :
通常価格 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが……。衝撃の長編ミステリ。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2012年08月24日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年03月10日

 沼田作品は3作目。前に読んだ2作はあんま覚えていないんだけど「後味わる…」と思った記憶。それに比べたら救いのあるラストだったかも。衝撃的だけどファンタジー。前半は普段見ないようにしている人間の汚さ醜さいい加減さくだらなさをこれでもかと投げつけられるような感じ。痰やつばをぺっぺっと吐きかけられるよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月02日

映画化され、その概要を知ってから読んだので、頭の中では完全に阿部サダヲさんと蒼井優さんでした。しかし、関西弁のイメージがない二人にも関わらず、関西ならではの独特の言い回しや空気感は不思議なぐらいピタっときていて、すこし関東の人には伝わらないのでは、とさえ思う関西ならではの表現も、まるで阿部サダヲさん...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月05日

すごい小説だった。嫌悪感、苦しさ、切なさ、痛さ、怒り、憎しみ。負の感情を起こさせるのに、この圧倒的なラスト。帯にもあったとおり、これは恋愛小説だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月28日

1番自分の事を想い、大事にしてくれる、大事にしなければならない人について幾度も涙した。日常に埋もれて見失った時に、何度も読み返したいと思えた。数ある中の大切な小説になったのは間違いない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月23日

人間臭いミステリー
登場人物がみんなどっか壊れてて、でもそれは誰でも持っている部分が突出しているだけで…
沼田まほかるさんの御歳(70歳)を知れば納得のミステリー。

恋に傷付いて屍のように暮らす十和子。
そんな十和子と暮らす、汚くて貧相で下品で地位も何もない陣治。
「妻とは別れるから」と十和子を弄...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play