「中公新書ラクレ」おすすめ作品一覧

「中公新書ラクレ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/09/14更新

「中公新書ラクレ」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • 駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する
    自己啓発本の中では、きちんとした教授が取材に基づき要素整理したという意味で巷に溢れる直感的な成功体験本とは異なる性質の秀作。勿論、実用性も高い。
  • 文部科学省 「三流官庁」の知られざる素顔
    文部科学省-「三流官庁」の知られざる素顔。寺脇研先生の著書。文部科学省の不祥事が続いていることをきっかけに読みました。文部科学省は「三流官庁」と呼ばれているという自覚が文部科学省職員や文部科学省関係者にあるからこそ、組織の一部の人間が嫉妬やコンプレックスから不適切な形で権限を振りかざす、傲慢な言動を...続きを読む
  • 若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす
    日本人は、所属先を失ったり、不当に扱われたりすると、
    簡単に自信を喪失したり、最悪、自殺します。

    所属と日本人を考える上で一番参考になるのが、
    就職活動です。

    ここでいう就職活動は、日本の大学生が3年時から、
    行う新卒定期採用制への参加、通称就活を指します。
    これがなぜ、一番参考になるかという、...続きを読む
  • 読む力 現代の羅針盤となる150冊
    知の巨人。博覧強記。

    人間というのは「読む」という知の蓄積行為によって、ここまで果てと底が見えない人間たるのか。
    と、人間の可能性を感じさせられる一冊。

    自分にはまだまだ知らないことが、山のようにあるのだとワクワクさせてもらえる。

    勉強すればするほど、謙虚になる。
    未知が見えることが楽しい。
    ...続きを読む
  • 逆説のスタートアップ思考
    この本に書いてあることを、自分のプロジェクトを見直そうと思いました。
    わかりやすく、納得感もあって、行動しようという思いがふつふつとわいてくる。
    スタートアップで挑戦したくなら本です。

特集