「中村桂子」おすすめ作品一覧

「中村桂子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 生きもの上陸大作戦 絶滅と進化の5億年
    最新の研究によると昆虫は甲殻類の鰓脚類と同じ祖先から分岐したとのこと。甲殻類に近いというより、「側系統の甲殻類に内包される」(wikipediaより)というべきものらしい。

    残る謎は多足類の出自だ。海で祖先が見つかってない。

    また、最初に上陸した節足動物は多足類とされる。かつて体長2m以上のヤス...続きを読む
  • やわらかな遺伝子
    「生まれは育ちを通じて」
    自分を産んだ親とか育った環境は、今の人格にどれだけ影響しているんだろう、ということが知りたくて読んだ一冊。
    自分の理解としては、「遺伝子により決定した素質が胎児期を含めた幼少期の育ちの環境で強化されていく、強化期間は設定されておりそれを過ぎると固定される」ということで、「...続きを読む
  • やわらかな遺伝子
    原題は、本文中でもたびたび登場する、「生まれは育ちを通じて」
    生まれ持った遺伝的要因と、育った環境要因と、どちらが影響が大きいのか?という点について、進化の歴史を辿りながら、答えを探ります。

    脳科学、教育学、言語学、生物学など、いろんな要因が絡みつつ、「学習する」本能など、興味深いヒトの性質が明ら...続きを読む
  • やわらかな遺伝子
    生まれか、育ちかというテーマをもとに、遺伝子と環境が行動に及ぼす影響について、生物学史に沿って、理論を展開していく。なかなか頭に入らない部分もあるが、遺伝子を経由として環境の影響を受けるのということが理解できた。
  • 「生きている」を見つめる医療 ゲノムでよみとく生命誌講座
    けっこう前に買った本。
    学生時代は理系科目に興味がなく、社会人になって働き出しても
    科学や医学には、環境からも自分からも、まったく関わらない。
    なのになぜか買った本。

    私という人間。その設計図といえる遺伝子。
    そんな人間の遺伝子の大本であり、源といえるゲノム。
    そんなゲノムとはなんぞや? というと...続きを読む

特集