「西村健」おすすめ作品一覧

「西村健」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/08/18更新

ユーザーレビュー

  • 残火
    どこかで著者は高倉健さんの熱狂的なファンだと読んだ記憶があるのですが、任侠映画の中の健さんが、2000年代まで生き残ったらこうなるだろうな、という武骨で切れのある男の物語、カッコいいですね。ある種の古さというか、任侠映画を今、見たときに、昭和だなと思う感じを含めて、そういう著者の愛する世界観がそのま...続きを読む
  • 地の底のヤマ(下)
    殆どの人は、心の中に表と裏というものを持っていると思う。表が良くて裏が悪い、ということではない。表とは、他人に見える、或いは見せてもよい自分。そしては裏とは、他人には見えない、或いは見せない、ある意味では本当の自分の心。本書はある警官が多くの人間関係を通して、様々は人々の心の裏に迫っていくという物語...続きを読む
  • 劫火(4) 激突
    いよいよ一同が集まって、テロリスト達とその黒幕相手に戦いを始めます。
    長いわりにあっさりという気もするし、圧巻だったとも思える。
  • 笑い犬
    メガバンクの支店長・芳賀は、ある日突然上層部に裏切られて、刑務所に入れられてしまう。会社をかばって沈黙を守り、精神的に追い詰められた芳賀は、自分も知らないうちに笑っていた。その「笑み」が、卑怯で狡猾な「勝ち組」をおののかせる―刑務所小説と企業人小説と家族小説を、革新的に融合した力作。




    世の...続きを読む
  • バスを待つ男
    70歳になり、仕事を辞めて、やることがなくなった元刑事が、「東京都シルバーパス」を使って、路線バスで旅をする中で出会う日常の謎を解決していく連作短編集。いわゆる「日常の謎」ものだけど、実際にはバスに乗っていて、不思議に思ったことを元刑事が妻に話して、妻が解決しているので、「安楽椅子」ものでもある。謎...続きを読む