榊原英資の一覧

「榊原英資」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/12更新

日本は没落する
  • ブラウザ試し読み

辺境から中心へ
  • ブラウザ試し読み

本物の実力のつけ方
  • ブラウザ試し読み

幼児化する日本社会
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 資本主義の終焉、その先の世界
    昨今の日本の経済の低成長を経済の成熟期ととらえる点が新鮮だ。確かに欲しいものがないくらい十分豊かな日本になった。成長しないことを否ととらえ高度成長期のノスタルジー的に追い求めることは限界に達しているのかもしれない。資本主義の次なるパラダイムを提唱できる経済学者は現れるのだろうか。
  • AIと日本企業 日本人はロボットに勝てるか
    「第四次産業革命」
    今までなかったロボットの視覚機能が完成された
    すごいことですよね
    進化の過程でも光をぼやっと捉える感覚器官から目に変わったために生き残るための戦略が変わったと言います。
    「ブロックチェーン」帳簿台帳の革命
    僕の中ではピアtoピアはファイル共有ソフトで止まってますσ^_^;
    技術の...続きを読む
  • 日本経済「円」の真実
    元大蔵省国際金融局長、同財務官を歴任した、榊原英資氏の著書です。1ドル80円を割り込んでいた円を、わずか4〜5ヶ月ほどで、100円台までに引き上げ、ミスター円と言われているだけはあります。とても完結に、世の通説の数々の間違いを指摘しています。

    この本を読めば、経済にとって何が大事なのかが、明確に分...続きを読む
  • 日本経済「円」の真実
    為替取引参加者が多い中で、通貨当局者は言わば無力。為替はコントロール不可であることを示し、変動には柔軟に対応する事と、その国の力をみていくことを説く。為替の変動をみていけば、どんな変化が今起きつつあるかはよく分かるとのこと。13年の世界同時不況の可能性を示唆。さて、どう動くか。日本は、世界相手に商売...続きを読む
  • 財務省
    相手を納得させる器量。
    ハンドルの遊びを持つ人柄。
    安心感。
    官僚の世界に限らずどんな組織においても、トップが持ってる資質なんだろうな。