日本は没落する

日本は没落する

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

こんなことで大丈夫なのでしょうか? 日本は果たして、この国際社会におけるプレーヤーの変更に適応していけるのでしょうか? そして経済のルールの変化に適応し、産業資本主義の時代に勝ち得たと同様の成功を、ポスト産業資本主義の時代にも獲得することができるのでしょうか? 私は「日本は今、没落へと向かいつつあるのではないか」という強い危機感を感じています。(序章より)

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
264ページ
電子版発売日
2011年02月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

日本は没落する のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    日本の没落している様をいろいろな角度からしてきしている本書。個人的には共感できないところもいくらかありましたが、実態として確かに没落しているところが多いという点で同感です。特に、昨今いろいろなニュースを通じて見られる「モラルハザード」につながっているのは、この20年来続いている教育の質の低下ではない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月15日

    メモ

    元官僚トップから見た日本。
    現状の天下り規制への反論。
    (一部納得できる。人材交流が不可になる。有能な人材が官庁にいかなくなる。)
    物事を白か黒だけでは判断できない。

    政治家と官僚はコンビネーション


    日本の携帯はオーバークオリティー
    インドマーケット
    国家戦略がない。(エネルギー)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     経済、金融、教育面からの視点を中心に、
    日本に様々な「警告」を示唆してくれる。

     一つ一つの議題が細かく構成されているため、
    容易に読みやすい。


     教育改革論に関する章に、一番力を込めている感じがする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    電機業界に身をおいている身分としては昨今の東アジア(韓国、台湾、中国)の台頭は身近な事として危機感を持っていた。 しかしながら、ものづくり大国の日本がよもやこんなに早く近隣諸国に追いつかれるとは思っていなかった。
    要因の一つは国が技術の重要性に無頓着で何十年かけて日本企業が蓄積してきた製造技術レベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    資本主義からポスト資本主義への移行しつつある世界で,どのように今まで常識だったルールが変容しつつあるのか?また,その変化に全然追随しようとしない日本社会を批判した名作!楽しく読ませていただきました.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月27日

    本人は危機感あるんだろうけど、その前に書いてある
    内容に興味があって購入。

    このままなにもしないと没落するよってことだね。

    最近、著名人はみんな産業のルールが変わったと
    いうね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月23日

    知り合いから薦められ読んだ本。
    2007年末時点の情報ではあるが、未だ提示された問題点は解決策をみていないように思う… 。
    全てにおいて、長期戦略の欠如が、国力の弱体化を招いていると。特に、教育の劣化については、小学生を持つ親として一番琴線に触れた部分。
    世界の動向をザックリつかみ、さて、一日本人と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ミスター円」榊原氏による日本の没落について語った一冊。
    世界の変化に対する日本の対応の悪さを「技術」、「情報」、「知識」の側面から提言。

    日本がいかに世界から取り残されているかが再認識できた。
    身近な話題も多く読みやすかった。

    貸し出し可

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています