「関根眞一」おすすめ作品一覧

「関根眞一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/09/23更新

ユーザーレビュー

  • となりのクレーマー 「苦情を言う人」との交渉術
    す…すごい。読む前に己の考えていた”クレーマー”よりも数段レベルの高い内容の「苦情を言う人」たちだった。

    もう、一話目の人物からして、けっこう読んでいるのも、ツライ…。
    理不尽。不条理。耐えねばならない応対はさぞかし、さそかし…。
    だけど、著者の経験から得た知恵や、技術があらゆるところに盛り込まれ...続きを読む
  • 銀座からまる百貨店お客様相談室 5巻
    嫁と姑がケンカなう!
    と、
    そこにJKの娘が混じってさぁ大変!
    と、
    してるそんな場所に現れるは男性さんというか、
    JKのパパ?
    嫁の旦那?
    姑の息子?
    さて、
    どうする男子よ!
    って、
    なんとか木洩田君の機転でどうにかこうにか丸く収まった感じですが、
    30点ですか?
    25点ですか?
    厳しすぎません...続きを読む
  • となりのクレーマー 「苦情を言う人」との交渉術
     おもしろいです!
     
     自分の身に降りかかってこない限り、こういうモラルハザードした人間の言い分を聞くのは面白く、もう博物学の世界です。
     
     こういう人たちには面従腹背。これに限ります。道理は通じません。時には毅然として突っぱねましょう!
     
     うざい!大声出すな!聞こえてるわい!(いかん、普段...続きを読む
  • となりのクレーマー 「苦情を言う人」との交渉術
    「苦情学」は「人間学」だ。
    そう述べる著者はお客様相談室長として某大手百貨店でのクレーマーとの攻防戦を元にした、体験談となっている。
    色々なタイプのクレーマーがいることに、改めて感心した。
    また、実体験を元に書かれているので非常に為になる。
    どんなお客様に対しても誠実に対応する大切さや、対応力、そし...続きを読む
  • となりのクレーマー 「苦情を言う人」との交渉術
    クレーム処理というのはとんでもない仕事と思う。
    デパートの責任者というのはこれほどまでにプレッシャーの中仕事してるのかと思う。人に対する選球眼というか、洞察力がすごい。自分の抱える苦難もなんとか乗り越えられる気がしてくる本