「竹中平蔵」おすすめ作品一覧

「竹中平蔵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:竹中平蔵(タケナカヘイゾウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年03月03日
  • 出身地:日本 / 和歌山県
  • 職業:経済学者

一橋大学経済学部卒。『研究開発と設備投資の経済学-』でサントリー学芸賞受賞。著書に『日本が滅びるということ』、『イノベーション仕事術』、『竹中式マトリクス勉強法』などがある。経済学者、元参議院議員。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年5月号

作品一覧

2018/04/10更新

ユーザーレビュー

  • 最強の生産性革命 時代遅れのルールにしばられない38の教訓
    政治や農業・観光といったサービス業の既存権益の構造を暴露した本で非常に面白かった。著者が書いているように炎上するような内容(国民のリテラシーの低さや結婚の多様性の容認)も含んでおり読んでイラっとする人もいるかもしれないが、個人的には色々と考えさせられる一冊だった。
  • 人生100年時代のお金の不安がなくなる話
    議論をはじめる前に、「そもそものところから考えよう」という約束をする。
    たとえば消費税の問題を議論する前に、そもそも消費税とはなんだろうか、とか税金とは何だろうかを考える。

    そもそも論でやると、問題の本質がものすごくはっきりと見えてくるし、枝葉末節に惑わされないで、大きな方向を判断できる

    重要な...続きを読む
  • 人生100年時代のお金の不安がなくなる話
    社会制度の問題をどう解決するか?経営者だけが居座る現在が正しいとは思えない。皆が年齢フリーで活躍できれば良い。移民もルール整備必要。言語の問題も大きい。
  • 竹中式 イノベーション仕事術 「楽には生きられない日本」で闘う12の力
    楽には生きられない日本で闘う12の力と副題にありますが
    プロデュース力
    熱心力
    基本力
    判断力
    情報力
    洞察力
    結合力
    徹底力
    切り捨て力
    健康力
    サポーター力
    達観力
    を上げられてます。

    その中でもやはり基本力が大切やなと思います。
    今の日本の学生はあまりに基本を蔑ろにしてます。
    読み書き計算の...続きを読む
  • 勝負論
    勝ち負けだけではなく、駆け引き、負けの美学に対しての考え方に共感を持ちました。
    小泉元総理の喧嘩の仕方は屈服です。

特集