宇佐美典也の一覧

「宇佐美典也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)
    2025年日本の転換点と誰もが言う
    団塊の世代が後期高齢者になるから
    しかし長期的な抜本策は日本は苦手

    官僚は2 -3年で実現できる対症療法しかできない
    短期志向の政治とセットで先送りの構造 
    堺屋太一さんと同じ論

    人口減少超高齢化の転換点で先送りを続けると国家は破滅する
    財務省も国債の残高より...続きを読む
  • 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)
    日本では多くの課題が先送りされていることを指摘して、"個人として責任感のある政治家や官僚が、政府の組織としての無責任を助長(p41)"していると看破している.きちんとしたデータを基にした論考は信頼できるものと感じた.安全保障の問題で中国の動きを的確に捉えて、アメリカとの関係を今後どうするかを真剣に考...続きを読む
  • 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)
    優秀な官僚たちはあえて先送りという戦術を取っている。
    アメリカが強制した憲法によって、戦争をしないですんでいる。
    目から鱗の連続。同世代の著者による日本の未来とは。
  • 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)
    日本の歴史や社会事象を表面的にしか捉えてなかったなぁと痛感。
    宇佐美典也氏のこの本は「学び」の連続だった。
  • 肩書き捨てたら地獄だった - 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方
    役所にいると「今の知識を使って起業できるんじゃないか」と思うことがあります。
    著者は勝算もなくやってしまうんですね。
    僕個人としても万が一何かがあればあいりんの辺りでなんでもやりながら生きていく気概はあります。
    でも好き好んでやるべきではないんですよねσ^_^;
    数年前の自分もこういうところがあった...続きを読む