「宇佐美典也」おすすめ作品一覧

「宇佐美典也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/22更新

ユーザーレビュー

  • 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)
    優秀な官僚たちはあえて先送りという戦術を取っている。
    アメリカが強制した憲法によって、戦争をしないですんでいる。
    目から鱗の連続。同世代の著者による日本の未来とは。
  • 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界―(新潮新書)
    日本の歴史や社会事象を表面的にしか捉えてなかったなぁと痛感。
    宇佐美典也氏のこの本は「学び」の連続だった。
  • 肩書き捨てたら地獄だった - 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方
    役所にいると「今の知識を使って起業できるんじゃないか」と思うことがあります。
    著者は勝算もなくやってしまうんですね。
    僕個人としても万が一何かがあればあいりんの辺りでなんでもやりながら生きていく気概はあります。
    でも好き好んでやるべきではないんですよねσ^_^;
    数年前の自分もこういうところがあった...続きを読む
  • 肩書き捨てたら地獄だった - 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方
    元METIの宇佐美さんの話。自由の地獄に陥った経験を持つ筆者が這い上がるまでの話。メモ。(1)会社では目の前の仕事にしっかり取り組み、専門技能やマネジメントを習得。同時に在職中からセルフブランディングを展開し会社の暖簾を借りる形で独立、フリーエージェント化したら、もといた会社に恩を返す。
    ⑵会社にア...続きを読む
  • 肩書き捨てたら地獄だった - 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方
    以前から著者のブログは読んでいましたので、ブログでのPRなどにうまい具合に釣られて購入。

    東大卒の若手エリート官僚が勢いに任せて退職してみたところが、それまでお付き合いしていた方のほとんどに相手にされなくて挫折みたいなお話は、すでにブログなどで知っておりましたし、官公庁でなくいわゆる名の通った大企...続きを読む