「宇佐美典也」おすすめ作品一覧

「宇佐美典也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/12/17更新

ユーザーレビュー

  • 肩書き捨てたら地獄だった - 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方
    元METIの宇佐美さんの話。自由の地獄に陥った経験を持つ筆者が這い上がるまでの話。メモ。(1)会社では目の前の仕事にしっかり取り組み、専門技能やマネジメントを習得。同時に在職中からセルフブランディングを展開し会社の暖簾を借りる形で独立、フリーエージェント化したら、もといた会社に恩を返す。
    ⑵会社にア...続きを読む
  • 肩書き捨てたら地獄だった - 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方
    以前から著者のブログは読んでいましたので、ブログでのPRなどにうまい具合に釣られて購入。

    東大卒の若手エリート官僚が勢いに任せて退職してみたところが、それまでお付き合いしていた方のほとんどに相手にされなくて挫折みたいなお話は、すでにブログなどで知っておりましたし、官公庁でなくいわゆる名の通った大企...続きを読む
  • 30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと
    元経済産業省の官僚であった筆者が、まだ在職中から書き溜めた文章を本にまとめたもの。現場の実情や、公務員として働いていたからこその意見に重みを感じる。大多数の、真面目に国のために働こうとしている公務員のモチベーションを削いでしまう現在の制度により、長い目でみて国民に不利益を被ることになるのではないかと...続きを読む
  • 30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと
    官僚として働くことの喜びや悲しみ。
    また、どんな人が官僚にむいているか。
    など、多くの知られざる現状が記されていて、最後には提言も含まれている。
  • 30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと
    ・簡単な背景を説明しますと、当時は安倍政権下で、小泉政権の新自由主義的な政策の反動からか、地域と都市の経済格差に対する批判が激しくなってきたころでした。また、次の年に参院選を控えていたため、経済産業省としても政治的に何らかの地域活性化策を打ち出すことが求められるようになり、急きょ政策の検討が始まった...続きを読む