茂木健一郎の一覧

「茂木健一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2019/03/08更新

考える脳
  • ブラウザ試し読み

感動する脳
  • ブラウザ試し読み

感動する脳
  • ブラウザ試し読み

嫌われ者の流儀
  • ブラウザ試し読み

国がダメでも「脳」がある
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 脳を活かす勉強法
    書いてある「勉強法」そのものは、特に目新しいものではななかったと思う。
    人類が経験的に「こういうやり方をしたらいいだろうな」と感じていたものが、脳科学的な立場からより科学的に根拠づけられたという感じ。

    だからこれまでにない「まったく新しい勉強法」(たとえば楽して丸儲け的な)を期待して読むと期待は裏...続きを読む
  • 「助けて」と言える国へ――人と社会をつなぐ
    某所読書会での課題図書.奥田さんのバイタリティーが凄い.「傷つくことを極端に避ける」傾向のある現代社会.しかし社会は「健全に傷つくための仕組み」だと考えられる.タイガーマスク現象は、「無縁社会」の顕在化では.「絆は傷を含んでいる」「絆は傷から始まる」... 素晴らしい言葉が満載の好著だ.茂木さんの反...続きを読む
  • 頭は「本の読み方」で磨かれる 見えてくるものが変わる70冊
    読書に対する取り組み方を述べた、いい本だった。

    ▫️心に残った一文
    「できるだけ多くの本に触れて、「こうでなければならない」「こうあるべきだ」という呪縛から開放されることが、ぼくは「本当の知性」ではないかと思うのです。」
    学ぶ時の姿勢としてとても参考になった。「絶対的に正しい」理論、意見、本、人な...続きを読む
  • 頭は「本の読み方」で磨かれる 見えてくるものが変わる70冊
    アインシュタイン
    本物の知性とは知識ではなく、想像力である。

    優等生ではなくオタクを目指す

    オタクとは
    対象がなにであれ、まわりが驚くくらいの時間やお金、エネルギーといったリソースを注げる人

    好きなことにのめり込んでしまうことが、充実した学びを得られるいちばんの近道

    情熱は優等生であることよ...続きを読む
  • 最高の雑談力 結果を出している人の脳の使い方
    [感想]
    「ケンブリッジ大学では1日に2回、大学内の一室に集まって、教授たちがお茶をする」という部分がとても印象に残った。

    [抜粋]
    ◯雑談のメリット
    ・さりげなく大事なことを伝えられる
    ・いい情報が入ってくる
    ・共感を生む
    ・自分を発見する
    ・相手の意外な一面を知る

    ◯雑談をするときの心構え
    ...続きを読む

特集