眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話

眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

なぜ、脳から意識が生まれるの? ひと目ぼれは、どうして起きる? 頭がいいって、どういう人? 人の脳は不思議でいっぱい。身近な疑問でナゾを解明! いまだに解明されない現代科学最大の謎といわれる脳。脳を知ることは、自分自身を知ることです。テレビや雑誌など、さまざまなメディアで活躍する脳科学者の著者が、脳の働きや仕組みを最新のトピックスや知識を使い、図解を交えてわかりやすく解説します。脳力を最大限に発揮させる方法から、「ひらめき回路」の鍛え方、、AI時代の脳の活かし方、脳の機能まで、疑問形式で楽しく読める脳の話が満載。仕事や学習、恋愛、人付き合いなど日常の生活でも役に立つ、脳のエンターテインメント教養本です。脳は自分を映す鏡。人工知能時代に負けない、ヒトの脳の大きな可能性がわかります。

<著者紹介>
茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)
1962年生まれ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー、東京大学、日本女子大学非常勤講師。東京大学理学部物理学科、同大学法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学研究員を経て現職。専門は脳科学、認知科学。「クオリア」(感覚のもつ質感) をキーワードとした、心脳問題についての研究を行なっている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
日本文芸社
ページ数
128ページ
電子版発売日
2020年01月29日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
76MB

眠れなくなるほど面白い 図解 脳の話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    脳の基本的な構造と働きから上手な活用方法、そして人工知能までを図解と共にとても解り易くかつ面白く書いてあり、今時の脳科学の入門書には打って付けの一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月18日

    ひらめいたときや、一目惚れしたときなど脳の中で何が起こっているのかを図解付きで解説しており、とても分かりやすい。専門用語がただただ羅列されているわけではなく、読み手のことを考えて作られていると思った。特にAIと脳の未来に関して書かれている部分が面白かった。AIに仕事を奪われるのを怯えながら待っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月10日

    脳の構造と役割が図とともに解説されていてわかりやすかったです。右ページに文章、左ページに図解というレイアウトも左脳と右脳が交互に刺激される感じで読み進めやすかったです。

    ●脳の部位と役割
    脳幹→無意識下の呼吸、心拍数・体温調節、睡眠などの活動を司る生命維持機能
    小脳→運動機能調節
    大脳→心や体の司...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    ためになることがたくさんありました!

    ・ノイズを利用
    ・マインドフルネス

    前者はマルチタスク、マインドフルネスはシングルタスクで、相反するように思いますが、みなさんどう考えますか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    図があることでわかりやすかった。
    脳がどれだけ発達しているかどうかで、これから先の時代をうまく生きていける気がする。

    脳は疲れるから休むことも必要。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月11日

    イラスト・図解が多くて分かりやすかった。
    「脳の立場になって考えてみる」と日常がすごく面白く映る気がする。映画インサイド・ヘッドを思い出す。
    (誤字脱字が多すぎたのが残念だった)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング