記憶の森を育てる 意識と人工知能

記憶の森を育てる 意識と人工知能

作者名 :
通常価格 1,683円 (1,530円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人類は、終わるのだろうか。知能指数40000の人工知能を前にして。答えは簡単ではないけれど、さあ、わたしたちは歩こう。話そう。そして森を育てよう。すべての記憶を土として。その上で踊る、泥だらけの生命として。『脳と仮想』から10年。意識とはなにかを考え続ける脳科学者、最新の論考。著者は、原始生命におけるおぼろげな意識の萌芽から、言語を有する人間の高度な意識状態にいたるまで、その発達を緻密に考察していきます。近い将来まちがいなく、あらゆることが人工知能にアシストされた、未曾有の文明社会が出現するでしょう。そのときわたしたちは、どのように自らの知性を磨いてゆけばいいのでしょうか。そのヒントは、記憶と意識の根源的な問題を扱ったこの本の中に、あちこち、キラリと光を放っています。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2015年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

記憶の森を育てる 意識と人工知能 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年12月31日

    視覚、聴覚、触角などで見たり、聞いたり、感じたりした意識体験が記憶にも言葉にも残らない状況を現象学的オーバーフローと説明して、それを軸に意識を考察するも、いわゆる実験結果や臨床医学的な考察がほとんど無いなかで著者の観念的な随想が展開されるので、やや難解な感じですが、それぞれのエピソードは氏の個性的な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています